短編1
  • 表示切替
  • 使い方

上がってくる音

幼い頃の記憶です。

夏の夜、2階にある私の部屋で1人で寝ていたとき。

階段をゆっくり上がってくる足音が聞こえてきた。

ドアの前で止まり部屋には入ってこない。何かがいる気配はする。

お母さんかな?何してるんだろう?と思っていると、また上がって来る足音が。部屋の前で止まり動かない。

今度はバアちゃんかな?と思っていると、また上がってくる音。部屋の前で止まる。今度はじいちゃんかな?上に来るなんて珍しいな。

入りなよと言いかけたその時、また下から階段をあがる足音。

降りる音はなかったし、家にはあと誰もいないはず。

ゾッとして布団をかぶった。登りだけの足音は明るくなるまで続いた。震えて眠れなかった。

後で聞いた話だと、その朝に隣の家の犬が死んでいたらしい。

Concrete
コメント怖い
0
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ