中編3
  • 表示切替
  • 使い方

wallpaper:805

疑疑疑疑疑疑疑と、

疑が叫ぶ。

疑はいつだって泣いていて、

疑理疑裏と歯ぎしりを立てている。

nextpage

疑はいつからか肩に乗り、

疑は気づかぬ間に脳に居座る。

nextpage

疑が何をしたか、

疑とはどこに在るのか?

疑はいつだって黄昏に融け、

疑の狂わしさは月に染み入る。

nextpage

疑はおもに嫉妬に誘われ、

疑に犯されて人が死ぬ。

疑はたまにイデオロギーを侵して、

疑のままに人が殺される。

nextpage

疑に支配されている我々が、

疑に打ち勝つための最期の手段は?

wallpaper:5037

「刺された」との報せに病院へ訪れると、

お前は冷たくなっていた。

あの情熱家のお前の頬が、

こんなにも冷えるものかと信じられず、

コンビニへ出掛けてガリガリ君を買った。

nextpage

比べてみると、

お前よりガリガリ君のほうが格段に冷たくて、

それは当然で、

お前はいつだって、

誰よりも温かいやつだった。

nextpage

お前を殺したあのハゲ、

駅構内で突然、

包丁を振り回した70代の男。

野郎が何をしたか?

nextpage

最初に集団通学の小学生を7人も切りつけ、

それを止めようとした警官の腰を刺し、

助けに入ったコンビニ店員の頸動脈を裂いた。

nextpage

……嘘みたいに晴れた空の昼。

nextpage

「刺された」との報せに病院へ訪れると、

お前は冷たくなっていた。

あの情熱家のお前の頬が、

こんなにも冷えるものかと信じられず、

コンビニへ出掛けてガリガリ君を買った。

nextpage

昨日までお前が、

夕勤のレジに立っていたはずのコンビニだ。

明日からも、

お前が今も誰かと、

冗談を言って笑っていたはずのこの世界だ。

nextpage

あの通り魔を殺すには、

護送中を狙う以外に方法が無いだろう。

拘置所から裁判所へのわずかの間に、

犯人へ復讐しなければならない。

nextpage

あんな野郎、

なんのために生きてるんだ?

神はいるのか?

無差別殺人を止める力さえない、

そんな神とは何なんだ?

nextpage

責任能力が無いとかなんとかで、

無罪になるかもしれないと報じられている。

嘘だろう?

人殺しを野放しって、そんなわけあるか!

nextpage

大学生活を刺し殺されて終わった無念、

失意のどん底の御両親、

そしてお前の恋人のあの子、

それらすべての想いを俺が、

友達の俺が復讐しなければならない。

nextpage

お前が死んですぐは、

そう決意していた。

でも思い出したんだ。

nextpage

wallpaper:4526

義義義義義義義と、

義が叫ぶ。

義はいつだって泣いていて、

義理義裡と歯ぎしりを立てている。

nextpage

義はいつからか肩に乗り、

義は気づかぬ間に脳に居座る。

nextpage

義が何をしたか、

義とはどこに在るのか?

義はいつだって黄昏に融け、

義の狂わしさは月に染み入る。

nextpage

義はおもに哀しみに寄り添い、

義に励まされて歩み出す。

義は希にイデオロギーを諭して、

義の本来を説き明かす。

nextpage

俺は、お前の仇を殺りたくて仕方ないのに、

いつだったか戦争について、

ふたりで語ったことを思い出す。

「復讐は有って良い、

けれど、無くても構わない」

nextpage

お前のその言葉を聞いてから、

ずうっと、

俺はお前のファンだったんだぜ。

nextpage

包丁を新聞紙で巻いて家を出たところを、

お前の彼女に目撃されて、

人生でいちばん痛いビンタを喰らった。

nextpage

「誰がそれして喜ぶんだよ!」

と怒鳴られた。

お前と同じようなこと言ってるな。

nextpage

叱られちゃったし、

疑のために俺は殺さない。

義のために俺は生きていくよ。

nextpage

ありがとう。

俺が人殺しにならずに済んだのは、

紛れもなく、

お前の言葉のおかげだよ。

nextpage

お前は俺がどんなに否定しても、

輪廻思想を信じてたな。

ま、もしそれがほんとなら、

いつかどこかで、

また会おう。

Normal
コメント怖い
1
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信