短編1
  • 表示切替
  • 使い方

短編集パート2

「プルルルルルル!」携帯が急になった。

その携帯は半年前に解約した。

エレベーターが勝手に地下1階におりた。ここには地下なんてない。

「ジャンケンポン!」あいこになった。ジャンケンをしたのは2人なのに・・・。

みんなで百物語をした。百話目の話をした人のことを誰も知らない。

部屋のドアが少し開いている。ついさっき鍵をしめたはずなのに。

「ドンドンドンドンドン!」

ドアをたたく音がする。外を見たが誰もいない。

バイクでドライブ中、他のバイクとすれちがった。そのバイクのドライバーの首が無い。

トラックで高速道路を走っていると窓の外におばあさんの横顔が。トラックは時速80キロで走っている。

「た~ろうさん。あ~そびましょ♪」「は~い。」

ここは女子トイレ。

「わたしメリーさん。今あなたの家の前にいるの。」

俺はホームレス。

赤いロングコートに大きなマスクをした女が「わたし、きれい?」と言ってきた。「ポマードポマードポマード」と女に言ったら逆にキレて追いかけられた。

「こっくりさんこっくりさんおいでください。」

5円が動いて、「い や だ 。」

またまた、どうもありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー 麒麟さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ