短編1
  • 表示切替
  • 使い方

謎の訪問者…

この話は実際に、俺が小学2年生の時、友達が体験した話です。

俺には、いつも遊んでいた友達がいました。その友達Aとします。

A君の家は母子家庭です。

ある日、A君がとても暗い日がありました(普段は明るく人気者)

俺は『何かあったのかな?』と思いつつ

あまり気にしないでいました。(すぐ、いつも通りになると思ったからです)

でも、そんな日が23と続いたので俺も

『おかしいな』と思い

A君に『何かあったの?最近、元気ないね。』

と言ったら

A君は何があったのか全て話してくれました。

その日もリビングでテレビを見ながら、お母さんと夕食を食べていたそうです。

その後お風呂に入り眠りについたころ

(確か夜中の2時ごろ)

『ピンポーン』

お母さんが

『こんな時間に誰かしら?』と言い玄関に確認しに行ったそうです。

A君はお母さんが心配になり、玄関に見に行ったそうです。

そこでA君は絶句しました。

お母さんが苦しそうに、ジタバタしながら、もがいていたそうです。A君は、直ぐに119当番したそうなのです。

直ぐに病院に運ばれ

命はとりとめましたが植物人間?の様に口を聞かなくなってしまった。との事でした。

その後、A君がどうなったのかは分かりません。

A君のお母さんは

一体何を見てしまつたのでしょうか…

怖い話投稿:ホラーテラー はにわさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ