ろっこめ版『よくわかる古事記』⑤

長編7
  • 表示切替
  • 使い方

ろっこめ版『よくわかる古事記』⑤

『大国主命』(おおくにぬしのみこと)

~ヘタレ神の成り上がり~

nextpage

出雲の国にはスサノオの子孫の八十神(やそがみ=いっぱいいるという意味)と一括りにされた兄神たちと、オオナムチという神がいました。

nextpage

末っ子のオオナムチは八十神たちから毎日のようにいじめられ、虐げられていました。

nextpage

そんな辛酸をなめるような日々を過ごしていた矢先、

因幡の国にヤガミヒメというマブい女神がいるという噂を聞いた八十神たちは、

ヤガミヒメにアタックしようと因幡の国に全員で出かけます。

nextpage

もちろん、ジャイアニズム旺盛な八十神たちの荷物持ちとして、オオナムチも同行することになりました。

nextpage

その道中、全身の毛を根こそぎ持っていかれ、赤裸で泣いているウサギに出くわします。

nextpage

ウサギは隠岐の島からこちらに来る時に鰐(わに=サメのこと)を騙して渡ろうとしたものの、

すんでの所でうっかりネタバラシしてサメに全身の毛をむしり取られるという、

いわば自業自得の目にあっていました。

nextpage

そこで八十神はウサギに

「海水で体を洗って潮風に当たるといい」

という、ハチに刺されたら、お小水をかけとけば治る並のウソ情報を与え、

真に受けたウサギはそれを実行してしまい、

地獄の苦しみにのたうち回っていました。

nextpage

そこに通りかかったオオナムチは、ウサギから理由を聞き、ナチュラルサイコな兄たちに戦慄すると共に、

「川の真水でキレイにしてガマの穂綿(ほわた)にくるまっているといい」

という、おばあちゃんも知らない知恵袋を授けて、ウサギを助けてあげました。

nextpage

元の白ウサギに戻り、オオナムチの優しさに感謝したウサギは、

「ヤガミヒメは、きっとあなたを選ぶでしょう」

という、気休めにも似た予言をします。

nextpage

そんなこんなでヤガミヒメの家に着いた八十神たちは、初対面から一斉に求婚するという暴挙に出て、ヤガミヒメを心の底から引かせます。

nextpage

最後に着いたオオナムチも流れに任せて求婚すると、

めんどくさくなったのか、

はたまた最初のヤツから今までのヤツまでの顔を忘れたのか、

ヤガミヒメはオオナムチを選びました。

nextpage

ウサギの予言が当たったようです

nextpage

しかし、八十神たちが格下認定しているオオナムチの大金星にキレたのは、言うまでもありません。

nextpage

帰りの道すがら、ある山の前を通りかかった八十神たちは、オオナムチに

「この山に赤いイノシシがいるから、捕まえて鍋にしようぜ!」

と持ちかけ、山の上から真っ赤に焼いた大岩をオオナムチめがけて転がしました。

nextpage

さすがはスサノオの一族、やることが常軌を逸しています。

nextpage

それをまともに食らったオオナムチは大火傷を負い、死んでしまいました。

nextpage

息子の死を悲しんだオオナムチの母は、高天原に行き、息子を助けてください!と懇願すると、カミムスビという神様が見かねて助けてくれました。

nextpage

「おぉ、オオナムチよ!死んでしまうとは情けない」

nextpage

カミムスビの死者蘇生の能力でオオナムチが蘇ったことを知った八十神たちは、

今度は大木を縦に裂いて割る前の割り箸みたいにした所に、つっかい棒をした原始的な罠をこしらえて、

言葉巧みにオオナムチを呼び寄せると、そこに挟んで殺しました。

nextpage

そんな罠にかかる方もかかる方ですが、かかっちゃったものは仕方ありません。

nextpage

オオナムチの母がそこから助け出し、何故か母も使えた死者蘇生の能力で復活したオオナムチに、

「ここにいたら兄たちに何度でも殺されるでしょう。

もう、めんどくさいからここから逃げなさい。

母はもう疲れました……」

というニュアンスを微塵も感じさせず、とにかくオオナムチを逃がしました。

nextpage

それでも執拗に追いかけてくる執念深い八十神たちが女にフラれた理由に納得しながらも、オオナムチは黄泉の国へと逃げます。

nextpage

これじゃ死んだのと変わらんやんけ!というツッコミは、そう書いてあるんだから呑み込んでください。

nextpage

オオナムチは逃れ着いた黄泉の国で、

先祖であり、諸悪の根源でもあるスサノオの屋敷を見つけます。

nextpage

スサノオにはスセリヒメという娘がいて、そこで気ままな二柱暮らしをしていました。

オオナムチとスセリヒメはここでの出会いにデスティニーを感じて、お互いに一目惚れをしてしまいます。

nextpage

スセリヒメがスサノオに

「イケメンが来よった!」

とオオナムチを紹介すると、

「お前、目ぇ大丈夫か?死ぬほどブサイクやんけ」

と、自分の子孫を秒でディスることを忘れないのは、やはりスサノオです。

nextpage

さらに、オオナムチに『アシハラシコヲ』(現世のブサイク男という意味)という大変不名誉な名前をつける念の入れようです。

nextpage

オオナムチ改めシコ太郎…じゃなかった、アシハラシコヲ(以下、シコヲ)は、部屋をあてがわれて、そこで寝ることになりました。

nextpage

その際、スセリヒメから不思議な布を渡され、

「なんかあったら、これを三回振って」

と言われました。

nextpage

不穏な一言をもらいながらも、シコヲが部屋で寝ていると、何処からともなく大量の蛇がシャーッと現れて、テリー伊藤もここまではやるまいという状況に陥ります。

nextpage

ですが、シコヲがスセリヒメから渡された布を三回振ると、蛇たちは大人しくハケていきました。

nextpage

無事に朝日が拝めたシコヲに内心イラッとしながらも、そんなことではへこたれないスサノオは別の部屋を用意します。

nextpage

そこでもまた、スセリヒメが不思議な布(2枚目)を手渡し、

「使い方は同じだから」

と、何かありますフラグを建てていきました。

nextpage

今度はムカデやハチがシコヲを襲いますが、事前に建てられたフラグのお陰で、落ち着いて布を振り、さわやかな朝を迎えることが出来ました。

nextpage

しぶといシコヲに負けず劣らず、しつこいスサノオはターゲットのシコヲを草原に誘い、鳴鏑(なりかぶら=飛ばすと音が鳴る矢)を放ち、

「取ってこい」

と、自分の子孫を犬同然に扱います。

nextpage

その上、草原に入ったシコヲを見届けると、火矢を放って草原もろとも焼き払うという、テロリストも真っ青の残虐非道なことをして家に帰りました。

nextpage

アルティメットサイコパスのスサノオは、完全にシコヲを殺す気満々です。

nextpage

火に囲まれたシコヲも、さすがに死を覚悟しましたが、たまたま足下にいたネズミが、

「内はホラホラ、外はスブスブ」

という難解な歌を歌っているのを聞き、

「これは、中は洞穴みたいに広いけど、入口はすぼまっていて狭いっちゅうことや!」

と、ナニワの高校生探偵でも解けないであろう暗号歌を瞬時に解き、

小さな穴を踏み抜いて穴の中へダイブし、なんとか地獄の黙示録のような危機を脱しました。

nextpage

さらに、ネズミはスサノオが飛ばした鳴鏑まで拾ってきてくれるという、帝国ホテルのコンシェルジュの如き神対応をしてくれます。

nextpage

スサノオの凶行を知り、シコヲもこれでは助かるまいと思ったスセリヒメが、悲しみをこらえて葬儀の準備をしているのを尻目に、

スサノオはシコヲの死を確認しに行きました。

nextpage

犯人は現場に戻るとは、よく言ったものです。

nextpage

しかし、ケガ一つないシコヲが鳴鏑を手に戻ってくると、さしもの銀河一のナチュラルキラーの呼び声高いスサノオも、シコヲをこの場で殺すわけにはいかず、一緒に家に帰りました。

nextpage

幾度となくシコヲの殺害に失敗したスサノオは、

「今までメンゴ♪」

くらいの軽いノリで謝ると、

「仲直りの印に頭のノミを取ってくれ」

と、謝罪しながら奉仕をせがむという、通常の常識では考えられない要求をしました。

nextpage

しかし、シコヲも長年染み付いたパシリの血には抗えず、スサノオの頭のノミ取りをすることにします。

nextpage

シコヲがノミを取ろうと、スサノオの頭を見てビックリ!

nextpage

そこにはノミではなく、おびただしい数のムカデが頭を這い回っていたのです。

nextpage

どんなに冷酷な鬼姑でもやらない嫌がらせを体を張ってまでやるスサノオのメンタルの強さに、もはや言葉もありません。

nextpage

困り果てるシコヲに、スセリヒメがムクの実と赤土を手渡し、

「これを噛んで、やってるフリをして!」

と、言われるままにやると、シコヲが本当にムカデを噛み潰してると思い込んだスサノオは、気持ちよくなって眠ってしまいました。

nextpage

この機に乗じて、シコヲとスセリヒメは魔王の住処から逃げ出すことにしました。

nextpage

念のため、やすやすと追って来られないように、スサノオの髪の毛を屋敷の柱という柱にくくりつけ、万全を期します。

nextpage

その際に、お宝であるスサノオの生太刀(いくたち)と生弓矢(いくゆみや)、そして、天詔琴(あめののりごと)を持ち出すことも忘れませんでした。

nextpage

盗るものも盗ったし、いざ逃走!

という時に、スセリヒメは担いでいた琴を柱に当ててしまい、とんでもなく大きな音を立ててしまいます。

nextpage

ぐっすり眠っていたスサノオも、その音で目を覚ましますが、髪の毛があちこちの柱に結びつけられて容易に立ち上がることは出来ません。

nextpage

「あばよ!とっつぁ~ん♪」

なんて言ってる余裕もなく、若い二柱は決死のランデブーと洒落こみますが、

スサノオも柱を引き抜いて立ち上がり、髪の毛をほどいて追いかけて来ます。

nextpage

二柱を黄泉平坂まで追いかけて来たスサノオでしたが、

死にものぐるいで逃げる二柱の足には追いつけず、逃げる背中に声をかけました。

nextpage

「持っていった物は娘ごとくれてやる!お前はこれから『大国主』と名乗り、出雲の国を二柱で治めて、デッカイ社でもぶち建てて達者で暮らせよ!!」

と、度重なる悪行をチャラにしようとしたのかどうかは知りませんが、最後にいいヤツぶりを見せました。

nextpage

まるで、溶鉱炉に親指立てながら沈んでいくサイボーグような清々しさです。

nextpage

こうして出雲の国に戻った大国主は、ストーキングをこじらせた八十神たちを生太刀と生弓矢で退け、出雲の国を統治することになりました。

nextpage

尚、ヤガミヒメは知らない間に正妻になっていたスセリヒメにビビり、

生んだ子を木の股に置き去りにして実家の因幡の国に帰りましたとさ。

続く?

Concrete
コメント怖い
4
12
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信