短編2
  • 表示切替
  • 使い方

夜中に

初投稿です。

読みにくかったりすると思いますが、そこはご了承下さい。

まだ自分が高校生だった頃、夜中まで遊ぶ事が多々ありました。

その当時一人暮らしをしていたため、怒る人もいなくて毎日やりたい放題でした(笑)

それでその日も遊び疲れて帰宅しました。

まず鍵を開けて玄関に入った瞬間 ブツッ ブーン と音が鳴りました。

テレビがついた瞬間に鳴るあの音です。

『あれ?リモコン踏んだかな?』と思い玄関の電気をつけ、辺りを確認しても見つからず結局わけがわかないままリビングに向かいました。

案の定リモコンはリビングにあり、少し怖くなった僕は気分転換にゲームを始めました。

一人で盛り上がってきて『よし!音楽でも聞こう!』と思って携帯を手にとり音楽を再生しました。

しばらく音楽を聞きながらゲームに没頭していると、急に携帯がバグって音楽が止まりました。

『うわ面倒くさ』と内心思っていましたが音楽がないと心寂しいので、もう一度音楽を再生しました。

そして音楽がサビに入って盛り上がってきた瞬間

『パパー離さないでー』

と音楽から流れました。

一瞬で冷めあがり、何が起きたのかテンパってわからなくなりました。

『俺子供なんかいないよね!? えっ?えっ?』って状態で、もう一人でいるのが不安だったから夜中にもかかわらずあらゆる人に電話しました。

誰も出ませんでしたが…

とりあえず家の電気を全てつけて布団にくるまり朝を待ちました。

それからなにもありませんでしたが後日談が。

それからしばらくして、友達が泊まっていき帰り際にこんな事を言い残していきました。

友達『お前の家嫌い。金縛りにあったし。なんかいるん?』

この金縛りがあの声と関係がない事を願います。

ちなみに僕は一年近く住んでいましたが、この一件以外はなにもありません。

長文、駄文にお付き合いありがとうございました。

文字にしてみると案外怖くないものですね(笑)

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ