ろっこめ版『よくわかる古事記』⑯

長編10
  • 表示切替
  • 使い方

ろっこめ版『よくわかる古事記』⑯

『神功皇后(じんぐうこうごう)』

~史上最初にして最強のカミさん~

nextpage

かのヤマトタケルの子で、第十四代仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)には、神功皇后という奥さんがいました。

nextpage

この神功皇后は、垂仁天皇時代に10年かけて不死の実を取りに行ったけど間に合わず、

垂仁天皇の陵の前で

「なんじゃこりゃぁあああ!!」

で果てたことでおなじみのマジタモリ…に字面が似ているタジマモリの曾孫で、

新羅(しらぎ=朝鮮半島の国の一つ)の王家の血を引く由緒正しい血統のサラブレッドプリンセスです。

nextpage

そんな生まれながらのお嬢さまで在らせられる神功皇后は、イメージ通りの自己中でした。

nextpage

仲哀天皇が即位して割りとすぐ、こりもせず九州の熊曾が反乱を起こそうとします。

nextpage

熊曾「紅~に染~まった、俺た~ちを~、倒すあ~のタ~ケルは、もぉ~い~な~い~♪」

nextpage

なんて歌ってはいませんが、とにかく朝廷に反旗はひるがえしました。

nextpage

仲哀天皇「あんにゃろぅめ……もうパパはいないけど、ボク朕だってやれるんだ!

二度と逆らえないように、熊曾をペンペン草一本生えない焦土と化してやるっ!!」

nextpage

鼻息荒く通算二回目の熊曾討伐に出かけようとする仲哀天皇の前に、

「旦那さま?何かお忘れではございませんこと?」

と、神功皇后が仁王立ちで敢然と立ちふさがります。

nextpage

仲哀天皇「いや、特にはないと思うけど?」

神功皇后「セバスチャン!セバスチャン!!」

nextpage

神功皇后が呼びかけると、先代の成務天皇(せいむてんのう)のマブダチで、大臣も勤めている建内宿禰(たけしのうちのすくね 以下、建内)が現れました。

nextpage

建内「たけしのうちです」

神功皇后「セバスチャン!

アテクシの旦那さまが何をお忘れなのか教えて差し上げなさい!」

nextpage

すると、建内が仲哀天皇にこっそり耳打ちします。

建内「お嬢さまが熊曾討伐にご同行されたいと申しております」

仲哀天皇「だにぃ?!戦場に女を連れて行けだとぅ?!

正気か?タケロット!!」

nextpage

仲哀天皇が建内を叱りつけると、神功皇后がずいっと一歩前に出て言いました。

nextpage

神功皇后「旦那さま!アテクシを誰だと御思いになってらっしゃるの?

熊曾の田舎者など、アテクシにかかれば、チョチョイのポイ!

ですわ♪」

仲哀天皇「チョチョイのポイ?」

nextpage

耳馴染みのない言葉で仲哀天皇が呆気に取られている隙に、

神功皇后「今よセバスチャン!

そこにヨツンヴァインにおなりなさい!」

建内「たけしのうちです」

nextpage

神功皇后は建内を足場にして、ちゃっかり仲哀天皇の馬に乗り込んでしまいました。

nextpage

神功皇后「旦那さま?何をのんびりなさってるのですか!?

さっさと熊曾の田舎者共の臓物を引きずり出して、野良犬のエサにでもして差し上げましょう♪

ねぇ、セバスチャン?」

建内「たけしのうちです」

nextpage

こうして、神功皇后は強引に熊曾討伐に同行したのでした。

nextpage

九州の筑紫に着いた仲哀天皇の軍勢は、仮の宮を建てて駐留します。

nextpage

そこで、仲哀天皇は戦の勝敗を占うべく、神憑り(かみがかり=神様を降ろして占う)をすることにしました。

nextpage

仲哀天皇「ねぇ神功?」

神功皇后「何ですの?旦那さま」

仲哀天皇「琴弾ける?」

神功皇后「アテクシを誰だとお思いですの?

そんな愚問は笑止ですわ!!」

建内「お嬢さまをお出来になられません」

仲哀天皇「いや、出来ひんのかい!」

神功皇后「琴など所詮はお遊び!そんなものは誰かに弾かせるものなの……

ですわ!!」

仲哀天皇「………。

まぁいいや……じゃあ、ボク朕が弾くから、神功は審神者(さにわ)やってよ」

神功皇后「合点承知!ですわ!!」

nextpage

審神者とは、神様を自らの体に降ろして神託を聞き、その神意を読み取るイタコめいたことをする人のことで、

イケメン型のしゃべる刀剣をどうこうする人のことではありません。

nextpage

神憑りの儀式を始めて少しすると、琴の調べの中で神功皇后に異変が起きました。

nextpage

神様「わらわを呼ぶのは誰ぞ?」

仲哀天皇「キタ──(゚∀゚)──ッ!!」

nextpage

神功皇后に乗り移って現れた神に、仲哀天皇のテンションが上がります。

nextpage

仲哀天皇「神様!ボク朕の熊曾討伐は上手くいきますか?」

nextpage

仲哀天皇の質問に、神様は厳かに答えました。

nextpage

神様「こんなチンケな所など、クソどうでもよい!

そんなことより、西の海の向こうに金銀財宝ザックザクの国がある……。

そこを手に入れるのじゃ!!」

nextpage

神様の言葉を聞いて、仲哀天皇は高台に登って西の海を眺めますが、島一つ見えません。

nextpage

仲哀天皇「そんな国は見当たりませんが、本当にあるんですか?」

神様「探せ!この世の全てはそこに置いてあるっ!!

知らんけど!!」

nextpage

見開きページにデカデカと『どどんっ!!!!』の文字が踊っていそうな迫力の神様でしたが、

仲哀天皇は今一つ信用出来ませんでした。

nextpage

神様「その国を制圧するなら、わらわを含む高天原が全面的にバックアップするぞよ?」

仲哀天皇「ホントかなぁ……無駄足とかマジ勘弁なんですけど?」

nextpage

猜疑心旺盛な仲哀天皇の言葉に、神様は憤慨します。

nextpage

神様「えぇぃっ!!黙れ小童!!

神オブ神で在らせられる、わらわの言葉を信用できぬと申すのか!?

そんなキサマに、この国を統治する資格などない!!

キサマの命はここでボッシュートじゃ!!」

nextpage

ゴゴゴゴゴ……という擬音がつきそうなほどの威圧感を放ち、

何王色かの覇気をまとっていそうな神功皇后を見て、そばに控えていた建内が仲哀天皇に叫びました。

nextpage

建内「弾きなさい!チュンジくん!!

誰のためでもない、自分自身の命のために!!」

nextpage

建内の言葉で我に返った仲哀天皇が、止めていた琴を慌てて弾き直しますが、時すでに遅し──。

nextpage

仲哀天皇はそのまま、琴に覆い被さるように倒れて、そのまま崩御されました。

nextpage

軍の総大将を突然失ってしまい、熊曾どころではなくなった朝廷軍は、

崩御した仲哀天皇の亡骸を殯宮(あらきのみや=天皇などが埋葬されるまで安置される御殿)に移し、

大至急、大祓の儀(おおはらいのぎ=国全体のけがれを祓う儀式)をして、神功皇后に宿る神様に御伺いを立てました。

nextpage

建内「全てのけがれは祓いました。

どうか、あなた様がどなた様なのかお教えください」

神様「わらわはアマテラス!

一番偉い神様なのに、どいつもこいつも、わらわをナメくさりおって!

そろそろ泣くぞ!!」

建内「ここにはもう、そういう輩はおりません……。

天皇を失った今、この国は誰が治めればよろしいのでしょうか?」

アマテラス「この者の腹に宿る子を次の天皇とせよ!

よいな?わらわをナメるでないぞ?

次は、この国中に黒い悪魔昆虫を放ってやるからな!!」

建内「かしこまりました」

アマテラス「高天原からは以上!解散!!」

nextpage

アマテラスが言うだけ言って高天原へ戻ると、神功皇后が正気に戻ります。

nextpage

神功皇后「……ハッ!こ…これは、一体どういうことですの?

早く説明なさい!セバスチャン!!」

建内「たけしのうちです……

陛下が御崩御あそばされました……」

神功皇后「御崩御?どなたが?」

建内「ですから、お嬢さまの旦那さまです」

神功皇后「チュリリンのことかーーーっ!!!!」

nextpage

建内から全ての経緯を聞いた神功皇后は、弔い合戦の気持ちで兵を率いて果敢にも西の海に繰り出しました。

nextpage

新羅からは、特に何もされていないのにです。

nextpage

神功皇后「オーッホッホッホッ!!

さぁ!ウェストブルーの国を滅ぼして、アテクシは海賊の女帝に成り上がりますわよ!!

セバスチャン!!面舵いっぱいいっぱいですわ!!」

建内「お嬢さま!海賊の女帝になられたら、それはむしろ、成り下がりです。

それに、舵をいっぱいいっぱいにしますと船は逆戻りします……それと

私はたけしのうちです」

nextpage

神功皇后の大船団は西の海を渡り、新羅の国へと向かいます。

nextpage

神功皇后「モブの皆様!宝の島が見えて参りましたわよ!!

アテクシたちの大和魂を存分に見せて差し上げなさいっ!!」

nextpage

神功海賊団が新羅の国へと突き進んでいると、大船団の起こす大きな波が新羅の国の半分を呑み込みました。

nextpage

これには流石に皆が引きました。

nextpage

神功皇后「お?………

オーッホッホッホッ!!

見たかでございますわ!

アテクシにかかれば国の一つや二つ、ラクショーなのでございましてよ!!

ねぇ?セバスチャン!!」

建内「たけしのうちです」

nextpage

この神憑り的なミラクルラッキーにすっかりビビった新羅の王は、神功皇后にひざまずいて降参し、今後は定期的に御宝を上納する条約を締結しました。

nextpage

神功皇后は調子づいて、新羅国の高台に住吉の大神を祀る社をぶち建てたり、新羅の王宮の前に杖を刺して、

「ここはアテクシの国ですわ!」

と、やりたい放題です。

nextpage

しかし、神功皇后は調子づいた後に産気づいてしまいます。

忙しい人です。

nextpage

神功皇后「鎮まりなさい…アテクシのベイビーボーイ……。

アテクシは、こんな属国で貴方を産むわけには参りませんのよ……。

ミッシェル!ミッシェール!!」

建内「ひょっとして、私ですか?」

神功皇后「石を…でっかい石を拾ってらっしゃい!

あ、やっぱり、あんまりでっかくない石を……」

建内「具体的な大きさと個数をお願いします」

神功皇后「ちょうどいいあんばいの石を一つですわ!

早くなさい!!

ベイビーボーイの頭が、もれちゃうではございませんか!!」

nextpage

なんと、神功皇后は今にも産まれそうな我が子の出口を石でふさぎ、生誕の時を帰国までガマンさせるという、『逆天岩戸作戦』をやってのけます。

nextpage

こうして、新羅制圧を済ませた神功皇后の一団は、意気揚々と日本へと帰国しました。

nextpage

よくよく思えば、神功皇后の母親の先祖は新羅の王子だったので、母親の先祖の本家を乗っ取ったことになります。

nextpage

長い船旅を終え、九州の筑紫に着くや、持ち前のガッツでガマンしていた皇子をスポンと産み、

生まれた御子にホムダワケと名づけます。

nextpage

ホムダワケは、後の応神天皇(おうじんてんのう)です。

nextpage

神功皇后「ベイビーボーイが生まれたとはいえ、何だかアレですわねぇ……」

建内「と、申されますと?」

神功皇后「もしかしたら、アテクシが愛しの旦那さまを殺して、自分の天下にしようとした……なんて考えている輩もいるんじゃなくて?」

建内「まさか……」

神功皇后「いいえ!そう思っている輩がいるはずですわ!

念のため、ホム太郎(ホムダワケ)が亡くなったことにして大和まで帰りましょう!

セバスチャン!!手配なさい!!」

建内「たけしのうちです」

nextpage

神功皇后たちが大和への帰り道を喪に服しているように偽装しながら進んでいると、

神功皇后の読み通り、謀反を起こそうとする輩がいました。

nextpage

斗賀野(とがの=高知県あたり)にお住まいのカゴサカとオシクマという皇族です。

nextpage

この二人は、仲哀天皇の正妻の息子たちで、ホムダワケを次期天皇にすることに反対するために挙兵したようです。

nextpage

御二人は、御子を失ってベッコリ凹んでいる神功皇后軍を倒し、一気に成り上がってやろう!という、浅はかなヤツらでした。

nextpage

カゴサカ「クーデターが上手くいくか、誓約(うけい)でも立ててみっか!」

オシクマ「せやな、おい!部下ども!山で狩りをしてこい!!」

部下たち「へい!オイラたちが山でデカイ獣を捕ってきてみせやす!!」

nextpage

部下たち数名は、オヤビンたちのために山へと狩りに出かけましたが、

デカめの猪1匹に返り討ちにされ、ハンターがハンティングされるという、恥ずかしい結果に終わりました。

nextpage

誓約は大失敗しましたが、二人のアホは誓約なんかしてなかった!と現実逃避して、喪の船(ものふね=御遺体を乗せた船)に襲いかかります。

nextpage

アホ二人「「かかれー!!」」

モヒカン「ヒャッハー!!」

nextpage

しかし、警備が手薄な喪の船を襲ってくることなんか想定内だった神功皇后軍は、モヒカンたちに矢を一斉に射かけて追い返します。

nextpage

ここでカゴサカの方は戦死したみたいです。

nextpage

モヒカン「ひでぶぅ!!」

nextpage

鮮やかに罠にハマったアホたちは、山城国(やましろのくに=京都府あたり)まで撤退し、長いことそこで激しく抵抗しました。

nextpage

神功皇后「あのゴミ共はまだ掃除できないのですか?」

建内「敵もなかなかしぶといようです……ここはタケフルクマに任せてみては?」

神功皇后「よろしい!では、そのアンドレとやらに任せましょう!!」

建内「タケフルクマです」

nextpage

御指名が入ったタケフルクマは、大后(おおきさき=天皇の正妻や天皇の母のこと)も亡くなったと、

わかりやすいデマ情報を流しに敵の将軍の伊佐比宿禰(いさひのすくね)へ使者を出しました。

nextpage

使者「大后陛下も亡くなられたので、戦争止めませんか?」

伊佐比宿禰「だにぃ?!そんな手に乗るものか!!」

使者「ほら、証拠に兵の弓の弦も外して持って来ましたよ」

伊佐比宿禰「ホンマや!!

がっはっは!我らの勝利じゃ!!」

nextpage

こんなにあっさり引っかかってくれたので、まさか上手くいくと思わなかったタケフルクマの方がビックリです。

nextpage

タケフルクマ「脳筋かよ……アホでよかった」

アホたち「「おのれ!騙したな!!」」

nextpage

神功皇后軍は、完全に気を緩めていたアホたちを近江(おうみ=滋賀県あたり)へ追い詰めて一人残らず斬り捨てて鎮圧し、

観念した敵の大将オシクマと伊佐比宿禰は、琵琶湖へ身を投げます。

nextpage

その時に歌ったオシクマの歌は、

「フルクマに殺られるくらいなら、わたしは琵琶湖の貝になりたい」

的な意味の歌でした。

nextpage

こうして、神功皇后は母親兼摂政(せっしょう=天皇の代わりに政治を取り仕切る役職)に着き、その手腕を大いに発揮しました。

nextpage

このせいで、初の女性天皇と混同されることもありますが、あくまでも神功皇后は摂政なので、お間違えのないようにお願いします。

nextpage

一説には、数々の功績から、神功皇后は卑弥呼なんじゃないか?説も挙げられています。

nextpage

女性である神功皇后が実質的に国を支配してたのもありますし、

神の御告げによって新羅を手中に治めています。

nextpage

何より、神功皇后の本名は『息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)』と言うんですが、

この『名前が長たらしいひめのみこと』の名前を新羅のお隣の中国の人が聞き、

ギリギリ覚えられた名前の後半の『ひめのみこと』の部分が縮まって『ひみこ』になっていたとしても、別におかしくない気がします。

nextpage

じゃあ、実際はどうだったのか?

nextpage

それは誰にもわかりません。

続く?

Concrete
コメント怖い
12
24
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信