事故物件を記載したウェブサイト

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

事故物件を記載したウェブサイト

四年前、二〇十六年の出来事。

良美さんが転居を考えているとき、友人からとあるウェブサイトの名前を教わった。

怪談話にもたびたび取り沙汰される、事故物件を記載した超有名サイトである。

しかし正式名を記憶していなかった良美さんは《今にして思えば、まったく見当違いのキーワードで検索をかけていた》のだそうだ。

多少の誤字があっても類語の検索候補を提示してくれるのだが、そのサイトも候補の中にあったという。

本家と同じく、国内の事故物件を網羅している旨が書かれていた。

nextpage

《放火で老夫婦が犠牲に》

《一家心中》

《交際中の男性により刺殺》

nextpage

簡素なフォントで記録された、物騒な案件をいくつも閲覧していく。

事件の起きた年月日が判る場合はそれも併記されていたのだが、良美さんにはよく判らないことがあった。

いくつかの案件に記された、年月日の先頭に来ている二文字の漢字。

その時点で良美さんが知る由もないそれは、二〇十九年に改められたその元号だった。

そして、良美さんの前住所。

当時入居中のまさにその物件に

nextpage

《二年 一月 男児一名 両親による虐待死》

nextpage

と書かれていたのを覚えているそうだ。

そのときは不気味に思いつつジョークサイトと判断し、忘れていたらしい。

すでに遠方に越してしまった良美さんだが《もし事件が起きたら、自分は見殺しにしたことになるのだろうか》と悩んでおり、ニュースを見るのが怖いそうだ。

現在はどのように検索をかけても、そのサイトにはたどり着けないという。

Concrete
コメント怖い
0
15
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ