短編2
  • 表示切替
  • 使い方

山の神

俺がまだ営林署で働いていた頃だから、ずいぶんと昔の話だ。

当時は林業が盛んでな、山仕事も泊まりがけでやったもんさ。

nextpage

あるとき造材の仕事で、三ヶ月ほど、奥秩父の牛王院平というところへ入った。

五月半ばのことで、裾野に生えるシャクナゲがまだみんなつぼみだったよ。

nextpage

造林小屋で仲間と寝泊まりしたが、ある日伐り出しから戻ってみると

貯木場のわきにあるケヤキの枝で、人が首を吊っていた。

林野庁の若い職員だった。

nextpage

すぐに官舎へ報せに走ったが、なにせ山奥のことだ

警察が来るのは翌朝だという。

おかげで俺たちは、夜っぴて死体の番をさせられることになったのさ。

nextpage

夜行動物が死臭を嗅ぎ回るから、火を焚いて交代で見張りについた。

浴びるほど酒を飲んだけど、全く酔えなかったね。

nextpage

あと一時間ほどで夜が明けるというとき

竜喰山のほうでドーン、ドーンと長胴太鼓を打つような音がした。

なにごとかと思っていると、今度は頭上の枝がバサバサと揺れ始めたんだ。

松明で照らしてみて仰天した。

なんと、死体が手足を振り回して暴れているのさ。

nextpage

「おうい大変だ、死体が生き返ったぞ」

慌てて小屋へ駆け込んだが、仲間と一緒に戻ってみると、首吊りの縄が途中でぷっつりと切れていた。

根もとを探したが、死体はどこにもない。

かわりに、獣の走り去るような音を聞いたんだ。

nextpage

警察じゃ熊の仕業だろうって、猟師を集めてさんざ探し回ったけど

俺たちは、山の神がやったに違いないと噂し合った。

山の神ってのは女の神様で、気に入った男が山で死ぬと連れ去るっていわれてるからな。

nextpage

首吊りのあったケヤキは、昭和の終り頃まで慎重に祀ってあったが

防火帯を作るのに邪魔で、けっきょく伐り倒してしまったよ……。

Concrete
コメント怖い
2
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信