短編2
  • 表示切替
  • 使い方

竹屋の渡し

みめぐり神社の稲荷へ詣でようと思っとった。

ちょうど桜の季節でな、

竹屋の渡しから舟に乗ったはいいが、花見客でごった返して押し合いへし合い、

今にも舟べりからひとがあふれそうじゃった。

nextpage

はるか向こう岸を見渡せば、

土手づたいにそりゃあみごとな桜の並木が、水戸さまのお屋敷のあたりまでずうっと続いとったよ。

nextpage

やがて川の中ほどまで差しかかったとき、

対岸から「伝七やあい」と名を呼ばれた。

見ると、舟つき場の桟橋から手をふる女がいる。

姉の登美じゃった。

娘の時分そのままに、市松模様の小袖を着ておった。

nextpage

あまりに懐かしかったので「おうい」と手をふり返すと、

彼女の周りに、わらわらとひとが集まりはじめた。

nextpage

木場町の弥平おじ、

はす向かいに住んでいた鶴婆さん、

表具屋のご隠居、

妙心寺の先代住職、

どれも懐かしい顔ばかりじゃった。

nextpage

そのときわしは、ふっと思ったんじゃ。

このまま川を渡ってはいけない。

なにせ向こう岸にいるのは、みな彼の世の人間ばかりなのじゃ。

nextpage

こう見えても漁師のせがれよ、

夢中で水へ飛び込んだ。

泳ぎには自信があった。

nextpage

ところがわしが飛び込んだとたん、それまで穏やかだった大川の流れが急に荒れ狂いだしてな、

泳ぐどころか、浮かんでいることさえままならなくなった。

「こりゃあ、いかん――」

そう思ったときには、もう遅かったよ。

かなりの水を飲んで、意識がふっつり途切れてしもうた……。

nextpage

気がつくと川縁へ寝かされとった。

大勢の野次馬がわしの顔を覗き込んでてな、

少しはなれた場所には筵が敷かれ、死体がずらーっと並べられておったよ。

訊けば、ひとの重みで舟がひっくり返り、助かったのはわし一人ということじゃった。

Concrete
コメント怖い
4
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信