長編7
  • 表示切替
  • 使い方

ASAEMON

寒月が、東の空に冴えざえと冷光をはなっていた。

静かな夜である。

遠くのほうで、夜陰を引きずる鐘の音がする。

赤坂田町にある成満寺が、四つを告げるための捨て鐘をついたのだ。

nextpage

山田吉利は、さかづきを干して深いため息をついた。

いつものことだが、いくら飲んでもまったく酔えない。

すでに亥の中刻となり、屋敷の周辺はひっそりと寝静まっていた。

nextpage

江戸時代、半蔵門から西へは閑静な武家地がひらけており、

大名や旗本などの屋敷が、いらかを競い合うように土塀をつらねている。

山田の家も、そのなかで居心地悪そうに門を構えていた。

nextpage

東へ一丁上ったところには平河天満宮もあるが、

さすがにこの時刻となると、門前町の賑わいも絶えている。

nextpage

時の鐘が打ち終わると、またもとの静寂がやってきた。

晩秋の冷え切った夜気に、野良犬の遠吠えが鬱々と尾を引いている。

nextpage

吉利は、火鉢に手をかざしながらぼんやり酒を飲んでいた。

彼のすわる正面には、紫檀を磨いた大きな仏壇があり、

内張りの金箔が、こうこうと燃える百目ろうそくの灯を反射している。

nextpage

ろうそくは、全部で三本立ててあった。

つまり、今日は三人斬ったということだ――。

nextpage

山田家は公儀から「お試し御用」の任をあたえられ、

歴代の当主は代々「浅右衛門」を名乗っている。

すなわち罪人の死体をつかって、

依頼を受けた刀剣の、試し斬りをおこなうことを家業としているのだ。

nextpage

七代目の「朝右衛門」である吉利は、

その日斬った人数ぶんだけろうそくを立て、

それが燃え尽きるまで酒を飲むことを日課にしていた。

罪人たちへの密かな供養のつもりであった。

nextpage

すっかり冷めてしまった燗酒を、すずの瓶子からそそいでいると、

きゅうに部屋の空気が変わったような気がした。

見れば、風もないのにろうそくの炎が揺らいでいる。

「……どうも今夜は出るらしいな」

吉利は、酒器を置いて息をついた。

nextpage

わきにある刀掛けから、そっと愛刀をたぐり寄せる。

加賀の名工、三代兼若が鍛えた業物だ。

三つ立てたろうそくのうち、真ん中の一本が、ごうっと炎の高さを増した。

それを見て、吉利がつぶやいた。

nextpage

「さては、あの若い女か……」

今日二番目に試し斬りをおこなったときの生白い肢体が、彼の脳裏によみがえった。

すでに首を打たれていたが、その女はあきらかに身重であった。

膨らんだ腹を両断したときの、なんとも言えない嫌な感触がまだ両手のうちに残っている。

nextpage

「一番会いたくないのが出てきやがるぜ」

はたして部屋のすみの暗がりから、肝の冷えるような女のすすり泣きが聞こえはじめた。

nextpage

ああああ、なんて口惜しい、恨めしいんでしょう

鉄くさい血のにおいが濃厚にただよってくる。

nextpage

吉利は、闇を見据えたまま不機嫌な声をはなった。

「そこでめそめそ泣かれたんじゃ酒が不味くてかなわん。

なにか言いたいことがあるなら聞いてやるから、こっちへ出てきやがれ」

nextpage

食膳をはさんで彼の真向かいに、忽然と女があらわれた。

やはり刑場で二つにした女だった。

あさぎ色の襦袢を血でまっ赤に染め、

うつむいた顔に長い黒髪をべったりと張りつかせている。

その凄惨なすがたは、幽霊の出現に慣れっこのはずの吉利さえも青ざめさせた。

nextpage

「ふん、聞くところによるとおめえは、奉公先のだんなに毒を盛った悪女だそうじゃないか。

恩を仇で返すようなまねをしたんだ、

死罪になっても文句の言える筋合いじゃあるめえ」

nextpage

あたしはやっちゃいないよ

女は泣き濡れた顔で吉利を見あげると、

血を吐くように嗚咽しながら言葉をつないだ。

紙のように白い顔面のなかで、目だけが充血して赤く澱んでいる。

nextpage

みんなおかみさんの仕業だ

あたしにだんな様のお手がついたのを許せず

夕餉の膳に一服盛りやがったのさ

しかもその罪をぜんぶあたしになすりつけやがって……

nextpage

この時代の犯罪捜査というものは、とにかく犯人に自供させることを目的としていた。

容疑者として目をつけられたものは激しい拷問を受け、むりやり罪を白状させられてしまう。

当然、冤罪も相当な数あった。

人権思想の発達した現代では考えられない乱暴なやりかただが、当時はそれがあたりまえだったのだ。

nextpage

いちいちそんな不平を聞かされたのではたまらないと思い、

吉利はあえてつき放すような口調で言った。

nextpage

「そりゃ気の毒なこった。

まあ、化けて出ようって了見になるのも分からなくはねえ。

だがよ、詮議したのは町方なんだぜ。

おれんとへこなんぞ寄らねえで、まっすぐそっちへ行きゃあいいじゃねえか」

nextpage

あたしを責め問いにした十手持ちにはあとで祟ってやるさ

もちろんおかみさんにもね

でもそのまえに……

女の目が、すうっと細くなる。

おまえに訊きたいことがある

nextpage

「なんだ?」

 試し斬りにしたあと あたしの体からなにか盗んだろう

 吉利は内心で舌打ちした。

「ああ、そのことか」

 いつものことなので、悪びれる様子もなく言う。

nextpage

「肝臓と、胆嚢をいただいたよ。

塩漬けにするんだ。

あと脳みそも黒焼きにする。

みんな人胆丸という丸薬の原料になるんでな。

だが、これはお上の許しを得てやっていることだ。

だれにも文句を言われる筋合いはねえ」

nextpage

ひどいことをおしじゃないか

「ふん、おれたち山田のものはその稼業ゆえに未来永劫、血の穢れを背負うことになるんだ。

これくらいの役得がなくちゃ、やってられねえよ」

nextpage

……ところであたしの赤ちゃんはどうした

「腹の子か?

それならおまえを胴斬りにしたとき一緒に死んだはずだ。

仕方ねえだろう、産み月に満たない子どもは母親の命と一蓮托生だ」

そんなことを訊いているんじゃないよっ

nextpage

音もなく、女が立ちあがった。

眼球がこぼれるほど見開いた目で、じっと吉利のことを見おろしている。

あたしの赤ちゃんの亡骸をどこへやったかと尋ねてるんだ

よもや、おまえ……

nextpage

とても女とは思えない低くドスの効いた声だ。

吉利は、こういうとき見せる悪ぶった笑みを顔に張りつけ、

挑むような口調で言い返した。

nextpage

「がきの死体なら、胎盤と一緒に麻のふくろに詰めて、この家の軒に吊るしてあるぜ。

人胞という薬の原料になるんでね」

な、なんてことを……

女の全身がわなわなと震えだす。

彼女は、文字どおり血の涙を流していた。

nextpage

おのれえ 首切りあさえもん おまえそれでも人間かっ

あああ口惜しや 恨めしやな

この身のうちに宿りし怨念 晴らさずんばわが子の魂も浮かばれまいぞ

nextpage

とつぜん、女の体躯が倍くらいに膨れあがった。

振り乱した髪が、ろうそくの明かりを遮って障子にうねうねと長い影をつくる。

吉利は後じさって身構えると、刀の鯉口を切った。

刹那、女が獣のように咆哮しながら襲いかかってきた。

nextpage

抜きつけの一閃が、灯火を跳ね返してギラッと輝く。

手応えはなかった。

だが、さすがにひるんだのか、女は一歩退いたようだ。

吉利は半身になると、剣を八双に構えなおした。

nextpage

愚かなりあさえもん 怨霊が刀で斬れると思うたか

ケタケタと女が笑う。

応じて吉利の目が、一切の感情を排した半眼になった。

試し斬りをするとき見せる、いつもの目だ。

nextpage

「わが試刀術は、この一剣に全霊をこめてすべてを両断する。

二つ胴だろうが、三つ胴だろうが、怨霊だろうが、

なんでも斬ってやるさ」

nextpage

面白い やってみな

胸のまえにだらりと垂らした女の十指から、にょきにょきと長い爪が生えてきた。

先端がどれも小刀のように研ぎ澄まされている。

覚悟するがいい

その体ずたずたに引き裂いて あたしがされたように腹わた引きずり出してくれるわ

nextpage

女の影がぬっと膨れあがり、天井から覆いかぶさってきた。

同時に、吉利は一歩踏み込んでいた。

びゅっと風を切って剣が振りおろされる。

nextpage

今度はたしかに斬ったという感触があった。

その証拠に、ぎゃっという悲鳴があがった。

青白い人魂がすっうと尾を引いて、天井の暗がりへ吸い込まれてゆく。

同時に、女の姿は一瞬でかき消えていた。

nextpage

吉利は納刀すると、静かに息を吐いた。

女が立っていたあたりを見おろす。

床に、両断された護符が落ちていた。

そっと拾いあげてみると、それは入谷にある日蓮宗の寺のものだった。

本尊は、鬼子母神である。

nextpage

「こいつが、怨霊の正体だったのか……」

わが子の供養のために女が隠し持っていたのを、非人どもが取り忘れたのであろう。

こういうものには、得てして死者の情念が宿るものだ。

nextpage

吉利は、手のなかの護符を火鉢へ放った。

めらめらと炎があがり、まるで女の髪を焼いたようないやな臭いがした。

nextpage

「ちくしょう、なんだか冷えてきやがったな」

彼はぶるっと身を震わせると、綿入れのまえをかき合わせた。 

膳のまえにすわりなおし、残っていった酒を一気にあおる。

胃が、ぎゅっと縮むほど苦い酒だった。

nextpage

「まったく、嫌な稼業だぜ——」

鼻のつけ根にしわを寄せて、酒くさい息をつく。

見れば、仏壇のろうそくはいつの間にか三本とも燃え尽きていた……。

Concrete
コメント怖い
10
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

ええもん読ませてもらったわあと思ったら、あなた様でしたか…。
説明くさくなく、かといって説明不足でもなく、よい案配でした。
よかったです。

返信
表示
ネタバレ注意
返信