短編2
  • 表示切替
  • 使い方

N教授の手記より

クラクフにある聖アンナ教会のまえに捨てられていた嬰児を引き取ってからというもの、

私は、この哀れな少年を観察記録することに日々を費やしてきた。

nextpage

大根のへたを切り落としたように、彼には頭部がない。

無脳症である。

さらに、左肩甲骨の後ろには大きなコブを背負っていた。

nextpage

研究室の保育器へ寝かせるとき、この赤ん坊はじきに死ぬだろうと考えていた。

大脳の七〇パーセントと、脳幹の一部が欠落しているのである。

nextpage

が、驚くべきことに、彼は今日までの六年間というものを生きつづけた。

脳が機能せずしてなぜ生命を維持できるのか、それが長年の疑問であった。

nextpage

コブは年々成長をつづけ、背中をらくだのように盛りあげていた。

ついには心臓を圧迫し、不整脈発作を引き起こすようになったので、本日やむをえず切除するに至った。

nextpage

さて皮膚を切開すると、なにやら黒いものがあらわれた。

血でよれた毛髪だった。

さらに血肉をより分け、そこに信じられないものを見た。

顔である。

塩漬けのオリーブみたいな、どす黒い肌をしていた。

nextpage

助手たちは驚いたが、かつてワルシャワの大学病院でおなじ症例を見たことがある。

結合双生児というやつだ。

おそらくは、胎児期に双子のどちらかが死に、

残されたほうが、その肉体を吸収したのだろう。

nextpage

ここで私は、ひとつの仮説を立ててみた。

もし少年が、奇しくも死んだはずの兄弟の脳によって生かされていたのだとしたら。

nextpage

そのときである。

切開した肉のなかで、血に濡れたまぶたがゆっくりと持ちあがった。

と同時に、これまで声を発したことのなかった少年が、こう言ったのだ。

nextpage

Fiat Lux

光あれ、と。

nextpage

やがて不安そうに揺れ動くひとみが、ピタリと私へ視点をさだめた……。

Concrete
コメント怖い
6
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信