短編2
  • 表示切替
  • 使い方

雨上がりの小道

飲み会帰りに駅から自宅へ長い遊歩道を千鳥足で帰っていた。

この遊歩道は車両進入禁止で自転車か歩行者しかいない

万が一事故にでもあわないように家内から、飲んで帰るときはこの道を帰るように仰せつかっている

nextpage

延々と続く桜並木の中には2月の暮れだというのに花が咲いている木もある

最近の異常気象のせいかなと酔ってうろんになった頭で考えた

酔いが周り頭が重く、地面ばかり見ながらフラフラと歩いていたがはたと上を見上げたときに見えた桜に心がなごんだ

しかし、立ち止まり真っ直ぐ前を向き直すと

まったく人気がないのにも気がついた

…この遊歩道ってこんなに人通りがなかったっけ?

nextpage

午後10時、いつもは塾帰りの高校生やジャージに身を包んだランナーたちが行き交う時間帯だ

先ほどのほのぼのとした気持ちもさめ、ふと首筋に寒気を感じて振り返った

nextpage

がたん、ギィー、ガシャン、がたん…

背後から古い自転車を無理やりにこぐような音が聞こえた

がたん、ギィー、ガシャン、がたん…

音はすれども姿は見えない

後ろじゃなくて前からか?と思い正面に直ると

nextpage

ガシャン!

音が近付いた。再び振り返ると

そこには、雨がっぱを着た白髪の老婆が自転車をこいでいた

一体いつからいたのか分からないほど近くに

顔元が影になってみえない

だが、口元は確かに笑っていた

nextpage

その日は家に帰って、家内に「なんだか妙な婆さんがいたよ」という話をした

困ったのはそれからだった

nextpage

我が家で飼っている犬の面倒は基本的に家内がみている

時々は私も散歩につれて行く

行くのはもちろん近くの遊歩道だ

犬の散歩に来る人も多い

でもね。なんだか今日は人が少ないなと感じるときはいつもそうなんだ

nextpage

ガシャン!

ほらまたあの婆さんが来た

ボロボロの自転車に乗って、

こんな雨上がりの日は絶対にあの嫌なにやけ顔を見るはめになるんだ

Concrete
コメント怖い
1
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信