短編1
  • 表示切替
  • 使い方

同窓会

○○小学校 ○○年度卒業生 同窓会

『ここかぁ・・。』

戸は開いている。

中からはワイワイと騒いでいる声が聞こえる。

みんなと会うのは何年ぶりだろう。

少し緊張する。

みんな気づいてくれるだろうか

思い切って入ってみた。

そこには、懐かしい顔が広がっていた。

クラスのマドンナ、Bちゃん。いたずら者のC。

俺の初恋の相手、Dちゃん。

そして、俺の親友のE。

みんな変わっていない。

ひとつ空いている席に座る。

グラスにビールがついである。俺は一気に飲みほした。

俺はEの肩に手をおいて、

『久しぶり。』と言った。

「あれ?今、誰か俺の肩に手をおかなかった?」

「誰もおいてないと思うけど。」

「あっ!誰か○○のビール飲んだろ!」

「だからそっちには誰もいないだろ。」

「もしかして、○○が来たんじゃない?」

「あ~。そうかもな~。あいつが死んでもう5年か。」

「まっ、もう一杯飲めよ。○○。たまには会いに来いよな。」

『盆にまた来るよ。じゃあな。』

Eの肩にまた手の感触がやさしく伝わってきた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ