中編3
  • 表示切替
  • 使い方

「くねくね」はいる

「くねくね」を知っているだろうか。

知らない人はぜひこの話の前に読んできてほしい。

nextpage

Wikipediaによるとくねくねとは以下の要素を持つらしい。

・色は白。

・人間とはかけ離れた動きで身体をくねらせる。

・夏の水田や河原など水辺で目撃される。

・遠くから眺める程度では問題は無いが、詳細が見え、それが何者であるかを理解すると、途端に精神に異常を来たす。

nextpage

怪談としてとても有名な話だが、これは5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)発祥の創作怪談だ。

つまり、くねくねはいないのだ。

しかし、俺はそうは思わない。

くねくねはいる。

nextpage

separator

wallpaper:94

10数年前の俺がまだ小学生の時。

季節は夏。

辺り一面田んぼと山という田舎道を友人数名と下校していた。

すると、友人の1人が何かを見つけたようで、遠くを指して言った。

「ん?なんかある。なにあれ?」

俺たちは皆その友人の指さす方を見た。

nextpage

shake

遠くの田んぼの中になにかいる。

それは一見大きな白い袋が風でなびいているように見えた。

よく見ると2mくらいの白く細長いものがゆらゆらと動いている。

生き物のように動いているが、そんな生き物は知らない。

人型のようにも見えた。

nextpage

「なんだと思う?」

「知らん。袋かなんかか?」

「いや、あんな動きしねえべ」

「え、怖っ」

そんなことを言いながら友人達と話していると、後ろの方から同級生の女子数人が歩いてきた。

nextpage

俺達は女子達を呼んで、そのことを話した。

女子たちも、「なにあれ?」「怖い」などと言っていた。

その場にいた全員がそれのことは見えていた。

nextpage

そんな時、1人の女の子の様子がおかしくなった。

nextpage

shake

「怖い怖い怖い怖い怖い怖い、寒い、寒気がする、気持ち悪い、ヤバい」

そう言いながら突然泣き出した。

その子は普段から気が強く、女子よりも男子とよく遊んでいるような子で、泣いているところは見たことがなかった。

そんな子が突然泣き出したのだ。

nextpage

wallpaper:2148

皆でその子を連れて急いで小学校まで逃げた。

小学校に着いた頃にはその子は落ち着いていたが、俺達は落ち着くどころじゃなかった。

あれはヤバいと皆がそう思った。

今帰るとまだ白いのが居そうで少し時間を置いてから皆で帰った。

もうそれはいなかった。

nextpage

次の日学校ではその話で持ち切りだった。

昨日いたやつがいなかったやつに説明していた。

昨日泣き出した女子は質問攻めにあっていたが、見たことは覚えているが、なんで泣いてしまったのかは分からないとのことだった。

nextpage

俺達はそいつのことを「カッパ」と呼んだ。

カッパ要素は全くないし、なんでカッパなのかは覚えていないが、カッパと呼ぶことにした。

しばらくするとカッパは話題にもならなくなり、皆忘れていった。

nextpage

separator

wallpaper:154

中学生になった頃、iPodを手にし、ネットに触れた俺達は「くねくね」の存在を知った。

カッパの見た目の特徴はまさにくねくねだった。

その後俺はくねくねについて調べた。

そこでくねくねは2ちゃんねるの創作怪談だと知った。

しかし、それと同時に気になることがあった。

nextpage

〇〇県の言い伝えにくねくねと似た話があるそうだ。

俺達の住む県も〇〇県だ。

また、くねくねの正体は蛇神だという説もあるそうだ。

俺達の町には大蛇伝説のある沼もある。

nextpage

separator

カッパがなんだったのかは未だにわからない。

ただ、見間違いでないのは確かだ。

そしてこれだけは言える。

nextpage

wallpaper:1033

shake

くねくねはいる。

怪談自体は創作でも、その中に出てくるもの自体は実在するのかもしれない。

Normal
コメント怖い
2
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信