長編6
  • 表示切替
  • 使い方

痛いカップル

そのカップルが店に訪れたのは、先週の日曜日のことだった

あ、申し遅れたが、わたしは地方の駅側で小さな喫茶店を営む、しがない中年男性だ

separator

カラカラカラーン、と小気味良い木製の扉が開くと、男女が入ってくる

何かの祝い事の帰りだろうか

二人とも紺のフォーマルなスーツを着ている

そして女はなぜだか、大きな人形を抱いていた

二人はわたしの立っている正面のカウンターに座った

女は膝上に大きな人形を座らせる

nextpage

二人はコーヒーとアイスクリームを頼んだ

わたしは、この二人の間の独特な空気感から、単なる友人関係ではないことを感じた

と同時に、ある種の違和感も、、、

nextpage

─それは、あまりに歳が離れているということ

nextpage

男は肌艶や体格から、20代後半くらいだろうか

スリムな身体に紺のフォーマルなスーツが似合っている

女も紺のワンピース姿なのだが少々下腹がだらしなくて、ショートの茶髪、濃い化粧、口元のほうれいせん、首筋の皺などから、どう鯖を読んでも60歳は超えている

膝に座る人形は腹話術で使用するような大きなもので、きちんと背広を着ており、青のストライプのネクタイまで絞めている

ドングリのような大きな目で、きょとんと前を見ていた

nextpage

この二人、、、

いわゆる「年の差カップル」というやつだろうか

nextpage

女は目尻の皺にさらに皺を寄せて意味深な笑みを浮かべながら、わたしに尋ねる

nextpage

「ねぇ、マスター、マスターは独身なの?」

nextpage

あまりに唐突な質問に少々面食らいながら、

「ええ、まあ、、、」と、曖昧に答える

nextpage

「じゃあ、彼女とか、いるんでしょ」

nextpage

「ええ、まあ、、、」

nextpage

「わたしとタカシは明日で、交際6年目になるの」

nextpage

「ほう、それはおめでとうございます」

nextpage

型通りの賛辞を添えた

nextpage

「そして今日は、このタロウの三歳の祈願のために、この近くの神社に行ってきて帰るところなの

ね!タロウ、おめでとう ママもパパもあなたのこと、ずっとずっと愛してるからね」

nextpage

そう言って女はいとおしげに膝上に座る人形の耳元に囁き、頭の後ろにキスをした

そしたら驚いたことに、タロウがドングリ目をぱちくりして『うん!ボクもママとパパのこと、大好きだよ』としゃべったのだ

ただこれは女の仕業のようだった

正に腹話術のようにタロウにしゃべらせているようだ

一体この女の心理構造はどうなっているのか

ふざけているのか?大真面目なのか?

対して隣に座るタカシの方は、色白の顔を俯け両手を膝に乗せて、先ほどからただじっとしている

nextpage

「マスター、わたしこう見えても身持ちは固いほうで、タカシと付き合うまで、ちゃんと男の人とお付き合いしたこととかなかったのよ

本当よ、こんな良い女が、、、信じられないでしょ

でも、この人があまりに熱心にアプローチしてきたものだから、まあ、嫌いなタイプでもなかったし、付き合うようにしたの

ただ始めに約束してもらったことがあった」

nextpage

「ほう、それはどんな?」

nextpage

わたしは挽きたてのコーヒーを二人の前に、アイスクリームは人形の前に置きながら聞いた

nextpage

「お互い、隠し事はしないようにしようねって」

nextpage

女はそう言ってまた、タカシの横顔を見る

彼は、母親と授業参観の帰りに食事をしている中学生のように居心地悪そうに、下を向いていた

nextpage

「だからお互いの携帯はいつも見せ合っていたし、夕食のときは、その日にあったことを報告し合っていたの

もちろん誕生日や記念日には旅行に行ったり、プレゼントし合ったりもしていた

飲み会があった時には迎えにも行った

そんな感じで、あっという間に幸せな3年間が過ぎていった」

nextpage

「それで、わたしたちもそろそろ籍を入れようか、とお互いの両親に挨拶に行ったの

まずタカシの両親のところに行ったんだけど、この人のお父さんの第一声が面白くてね

真面目な顔して『失礼ですが、お歳は?』って聞くから、わたしが正直に言ったら、

『まさか、わたしの息子のタカシが、わたしより歳上の女性を連れてくるとは、、、』って言って、眉間に皺を寄せて下を向くものだから、わたし可笑しくて可笑しくて、一生懸命笑いをこらえていた」

nextpage

「ただその後しばらくしてこの人のお母さんが言った言葉が、わたしの心を深く傷つけた」

nextpage

─老後はタカシの子供と、公園に行くのが楽しみだったのに、、、

nextpage

「わたし家に帰った後、ベッドで寝込んでしまった

そして、タカシをひどい言葉で何度も罵倒した

『わたしのような女なんかと別れて、もっと若い女と付き合ったら』って、心にもないことを言ってね

そしたらタカシがわたしの誕生日の日に、この天使を連れてきてくれたの」

nextpage

女はそう言って、タロウをぎゅっと抱きしめる

nextpage

「その日から家族の一員が一人増えて、わたしたちの新しい生活がスタートした

それまではタカシ中心に回っていたんだけど、今度はタロウに変わった

当時この子も小さかったから、わたしの献身と愛情が必要だったからね

そしたらしばらくしてタカシの様子がおかしくなってきた

毎日7時には帰ってきていたのに、遅くなるようになった

たまに深夜になることも、、、

おかげで喧嘩も増えた

また携帯の中身を見せて、とお願いしても、見せてくれなくなった

以前は簡単に見せてくれていたのに、、、

その時、わたしはピンときた」

nextpage

「タカシは浮気している!」

nextpage

そう言って女はじろりと、タカシの横顔を見る

彼は真っ赤な顔をしながら、蛇に睨まれた蛙のように小さくなっていた

nextpage

「そして、二人にとって決定的な出来事があった

それは、タロウの二度めの誕生日の日のこと

わたしはタロウと二人、バースデーケーキを挟んでテーブルに座り、タカシの帰りを待っていた

だけど9時になっても帰ってこない

その時わたしは思った

『タカシはまた女と合っている』と」

nextpage

「わたしはタロウを寝せつけて電気を消すと、護身用に持っていたスタンガンをテーブルの上に置くと、暗がりの中でじっと帰りを待った

結局タカシが帰ってきたのは、深夜2時過ぎだった

それからはいつもの醜い言い争いだ

ただその日のタカシはいつも以上に泥酔していて、何を思ったのか、ベッドで寝ているタロウを抱き上げると、床に投げつけた」

nextpage

「わたしはこれだけは許せなかった」

nextpage

「咄嗟にテーブルのスタンガンを持つと、真っ直ぐにタカシの首筋に当てる

すると彼は声も出さずに、その場にへたりこんだ

すぐにわたしはスーツのポケットから彼の携帯を出して床に置く

そして台所からまな板と刺身包丁を出してくると、彼の傍らに正座し、膝の上にまな板を置いた

それからその上に彼の手を乗せ、その細い右手の人差し指の第一関節に力任せに刃を入れた

nextpage

─パキリ

separator

店内は静かだった

nextpage

というのは、この二人以外に客はいなかったから

時刻は午後4時を過ぎており、店のカーテンからは朱色の西日が差し込んできていて、ずっとしゃべり続けている女の目はどこか虚ろで泳いでいて、ある種の薬物中毒者を思わせた

女は夢中に続ける

nextpage

「渇いた痛い音をたてて、タカシの人差し指はあっさり離れた

わたしは携帯を左手に持ち、その画面に芋虫のようになった指先をぎゅっと押し付けたの

でも、開かない

しょうがないから今度は親指を切断して、画面に押し付けてみる

でも開かない

そうしながら最後に小指を押し付けると、ようやく画面は開いた

その時には、まな板やわたしの顔のあちこち、そして白いカーペットには、タカシの薄汚れた血が飛び散っていた

そしたらいつの間にかタロウがわたしの横から覗きこんで『ねぇ、ねぇ、これ、パパの指でしょ 

何かちっちゃな虫みたいで面白いね』って言うもんだから、、、フフフ、、、わたし、大笑いしたの」

nextpage

ここまで聞いて、わたしは思わずこう尋ねずにはいられなかった

nextpage

「その話、本当なんですか?」

nextpage

女はひきつったように一回微笑むと、憎々しげに隣のタカシを睨み付け、こう言った

その声は野太くて、まるで荒くれた男のようだった

nextpage

「ほら、マスターが、わたしのこと、嘘つきって言ってるみたいよ あんた、見せてやりなよ!」

nextpage

タカシはしばらく固まっていたが、やがて観念するかのように、おずおずとその右手をわたしの目の前に掲げる

nextpage

わたしは息を飲んだ

nextpage

目の前の手には突起物らしきものが全く無くて、まるで犬猫の手のようだった

nextpage

女は勝ち誇ったような顔でわたしの方に向き直ると、最後にこう言った

nextpage

「あの日以来、タカシはしゃべることを忘れてしまった 

そう、口を利けなくなったみたいね

でもわたし、それで良かったと思ってる

おかげで、この人が他の女性としゃべることも触ることも出来なくなったから」

nextpage

「さあ、明日の記念日は三人で仲良く過ごせそうね」

separator

Fin

separator

Presented by Nekojiro

Concrete
コメント怖い
4
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@天津堂 様
いつも怖いポチ、コメント ありがとうございます
この度は、わたくしの凡ミスで作品を削除してしまい、せっかくいただいたコメントまで消してしまいました ご迷惑をおかけしてすみません
しかも再度、コメントをいただいたこと、感謝感謝です 今回の再投稿で、わたくしがもっとも危惧したのは、以前の作品の味を台無しにしてしまったのでは?
ということだったのですが、コメントのような感想をいただけて、少しホッとした次第です

返信
表示
ネタバレ注意
返信

@かがり いずみ 様
二度めの怖いポチ、コメント ありがとうございます
連日の猛暑で、頭をやられていたかもです
本当に何も考えず、削除ボタンを押してしまいました
真っ青になりました
正に、わたし的怖い話です 真夏のホラーでした
皆さまも、くれぐれもお気をつけくださいね
─そんな凡ミス誰もしないでしょうが(笑)

返信