短編1
  • 表示切替
  • 使い方

鬼の絵

主人の仕事の関係で東北にいた頃に知り合った友人の話。

ドライブで紅葉の見事な渓谷に行った帰り道。

行きは海沿いの道を走ったが、帰りは山道を選んだそうだ。私はその渓谷には何度か行った事はあるが、通るのはいつも海沿いの道で、山道は使ったことがなかった。

私たちの住む町は有名な霊山の麓にあったのだが、その山道は霊山へと続いていた。

出発して間もなく、当時 幼稚園年少だった娘さんの様子がおかしくなっていった。

歯を食いしばり硬い表情で、下を向いたまま何を聞いても一言も喋らなかった。

そして家につくなり、お絵かきノートに何か描き始めた。話しかけても応えようとせず、一心不乱に絵を描き続けた。

しばらくして描き終えたのか、ノートを母親である友人に渡した。

「さっき、こんなのがいた」

そう話すと娘はそのまま眠ってしまった。

渡されたノートを見て、友人は絶句した。

そこに描かれていたのは数体の鬼だった。

その霊山には確か総門の両脇に鬼が立っていたと記憶している。他にも亡者の衣を剥ぎ取り生前の罪の重さを推量する鬼(鬼と言っていいのか不明ですが)がいる。

娘さんはその鬼を見たのか…? それとも昔いたと言われる踊り鬼を見たのか…?

或いは魑魅魍魎の類だったのか…

娘さんの描いた鬼は園児が描くようなものではなく、まさに鬼。眼は鋭く眼光を放ち、睨みつけてくるその様は鬼気迫るものだったそうだ。

Concrete
コメント怖い
2
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@天津堂さんこんにちは☺️
見えるって嫌ですよね。大人だって怖いのに、その娘さん、本当に怖かったと思います。
それにしてもこの東北で暮らした5年間は、いろいろありました。娘が霊感あるっぽいのは、ここで暮らしていたせいもあるのかな?と思ってしまいます。(霊がみえた私母方の祖母の血も影響しているのかもしれませんが…)
天津堂さん、今回も御読みくださりありがとうございました。

返信
表示
ネタバレ注意
返信