中編3
  • 表示切替
  • 使い方

原稿用紙怪談・五

『小さな虫』

祖母の初盆で本家を訪れた時の話。

本家は田舎の大きな家だ。幼い頃は夏のたびに遊びにきたものだが、中学卒業以来とんと寄り付かなくなっていた。

先だっての葬式も葬祭場ですべて済んでしまったから、本家を訪れたのは本当に久しぶりだった。

ところで、田舎の家というのはとにかく虫が多い。一番困ったのは、虻だった。二センチほどの小さな虫だが、大きな羽音で飛び回る上、人を刺す。刺されたらしばらく痛痒い。

こいつが部屋中を遠慮なしに飛び回るのだ。勘弁してくれと何度か外に追い出したが、同じ個体なのかすぐまた戻ってくる。

とうとう堪忍袋の尾が切れて、伯父が差し出したハエ叩きで一発! スッキリと片付けてやった。

その夜。

仏壇の隣で寝ていると、亡くなった祖母から鬼の形相で叩かれる夢を見た。祖母の手には、見覚えのあるハエ叩きが握られている。

目覚めた時には全身汗びっしょりだった。俺はとにかく、仏壇に平謝りに頭を下げたのだった。

(397文字)

nextpage

『防空壕』

「夏は怪談、というわけで」

「八月十五日、来ました!」

闇夜の中、動画が始まる。

AとBは底辺youtuberだ。今日は、出ると噂の防空壕にやって来た。

「鳥肌やば!」

大袈裟に肩を抱き、早速Aが入る。わざとらしい叫び声が響いていたが、やがてパタッと静かになった。

「A?」

Bが灯りを防空壕に向け、悲鳴をあげる。

「脅かすなよ!」

入口に灯りに照らされたAが立っていた。

「大丈夫か?」

気遣うBに目もくれず

「さぁ、家に帰ろう」

それだけ言って、Aは踵を返す。

闇に溶けるようなAの後ろ姿を数秒映し、動画は終わった。

この動画が、ネットを暫し騒然とさせた。

防空壕を出たAの顔が、一瞬ダブって見えるのだ。スローで見ると、Aの体から半透明のAが抜け出して、防空壕の暗がりに吸い込まれるように見える。

ネットは、出てきたAは亡霊が憑依した偽物で、本物は取り残されたのだと騒いだ。

当のAが直後に失踪してしまったので、真相は謎の中だ。

(398文字)

nextpage

『盆の笹舟』

僕はお盆になると、海を必ず訪れる。沖に停泊する一艘の小舟を見るためだ。

浮いているのが不思議なほどの古いボロ舟に、これまた驚くほど乗客がひしめき合っていた。一様に生気のない顔をして俯いている。

それもそのはず、彼らは亡者なのだ。

お盆に一時の帰省を許された亡者たちが、彼岸に戻る舟。

僕はその中に祖父母や友人の姿を探すけれど、見知った顔はいつも見つけられなかった。

今年もまた、残念なのか安堵なのかわからない気持ちを抱えたまま、浜辺を後にしようとしたときだ。

波打ち際に小さな影があった。波にもまれながら絶妙なバランスを保っているそれは、笹舟だった。

子供が作ったのだろうか。笹舟には、手足を投げ出したクワガタがひっくり返っていた。

笹舟は頼りなく揺れながら、確実に沖に向かっていた。

彼岸に向かう盆の舟へ。

やがて笹舟が合流したのを見届けると、僕は踵を返した。

同じように、二艘の舟は並んで沖へと櫂を漕ぎ始めた。

(396文字)

Normal
コメント怖い
14
15
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

相変わらず素晴らしいお話の数々。
製本して手元に置いておきたくなりますね。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信