女性の霊が出没する公衆電話1

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

女性の霊が出没する公衆電話1

この話は、わたくしの母が15歳の時に体験した話です。

埼玉県蓮田市の某工場跡付近の公衆電話に、男子10人、母含め女子5人で、肝だめしに行きました。

一番霊感体質の母が、例の公衆電話に進入することになり、母は、心臓の鼓動を高鳴らせながら、公衆電話のドアノブに手をやり、

中に進入しました。

そして、母は恐る恐る、受話器を手にし、耳に近付けました。

すると、ダイヤルを回していない、受話器の向こう側から、

「う〜...、あ〜...」

という、女性の声が聞こえました。

そして、母は慌てて、持参したカメラで公衆電話の中を3、4枚を撮影し、最後に自分自身の姿を撮影しまいした。

そして、直ぐ様、表にでると、驚くべきことに、さっきまで、凍えるような寒さだったはずなのに、表にでると、 温かく感じたそうです。

「此処にいる霊は怒りを感じる。怖い感じがする」

と伝え、電灯もなく、真っ暗な道を一目散にバイクと車を発進させました。

やっとの事で、ひらけた高速道路に入りました。

一向におさまらない恐怖の中、

2、3人がこんなことを口にしたそうです...

「まさみ(母)ちゃんが、例の公衆電話に入った時に、すぐ横に白い人影が見えた...」

「すぐ横に女がいた。」

その時母は、早くここから

出たい気持ちがいっぱいで

慌ててカメラで、撮影

し、 一目散に出てきた

ものだから、その女性の例

を確認出来なかったそうです。

いや、敢えて確認しなかったそうです。

だから、確かに母には直ぐ

横に、相手の息遣いが感じる程、直ぐ横にいる何者かの存在は、はっきりとわかっていたそうです。

後日、現像された写真を

見た母は、脅迫した...

写真には、生々しく女の霊が写真から焼き付いていたからである。

先ず、母が自分を撮影した、写真には、母のすぐ真横に、肩まで髪を流した、白いワンピースを着た女が、はっきりと写っていたそうです。

もう一枚目の写真は、公衆電話の外部から撮影した一枚であり、

内部からガラス越しに手と顔を貼り付け、こちらを覗く、女の霊が、UPに写っている写真です。

皆は、その写真を見て、恐怖を覚え、女性一人にその写真を押し付けしまったらしく、

彼女は、毎晩熱にうなされ、金縛りに追われては、

しきりに何者かの視線に気にするようになったそうです。

もう彼女は、いてもたってもいられず、隣町の神社に例の写真を持参し、お坊さんに、その写真の御供養と御払いをしてもらいました。

それ以来彼女は、霊現象に悩まされることはなく、

今では、元気に生活を送っているそうです。

わたくしの母も今健在です。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
35700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ