短編1
  • 表示切替
  • 使い方

クラッシュ!

どこかで見て、妙に印象に残っている話。

サイパンだったか、沖縄だったか、覚えていないが、あるホテルの一室で、心霊騒動が持ち上がった。

その一室は、ホテルのロビーから一旦外に出て、長い外廊下を渡った所にあり、新たに増築された、まだ出来立ての部屋であった。

支配人が驚いたのは、夜中部屋を飛び出した客が、全く同じセリフを、口走るからであった。

(偶然では決してありえない)、そう判断した支配人は、その部屋に一晩、泊まってみる事にした。

夜中彼は、異様な息苦しさで目を醒ました。全身が金縛りに遭っていて、身動きがとれない。

突然、壁から男が飛び出して来て、ベッドを横切り上を見上げた。

その瞬間、男の身体が粉々になり、内臓が飛び散った。

全身に血と肉片を浴びた支配人は、金縛りが解けると同時に部屋を飛び出した。

そして、他の客と同じセリフを叫んでいた。

「男が、爆発した!」

血まみれになった筈の顔や衣服には、一滴の血もついていなかったという。

そのあたり一帯には、大戦中、多くの爆弾が落とされたらしい。

爆弾をもろに浴びた男は、戦後何十年経った今でも、その一瞬を繰り返しているのだろうか?

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ