短編1
  • 表示切替
  • 使い方

永遠の

怖い話ではないけれど

ゾッとした話。

この間の朝、通学途中

電車に乗っていると

メイド服を着たおばあさんが乗ってきて、座っている私の前に立った。

電車が混んできたので席を譲ろうと思ったが

少しためらってしまっていた。

すると隣に座っていた中年の男性が、

「おばあちゃん、座ってください」

といって席を譲った。

するとおばあちゃんは言った。

「永遠の16歳ですから大丈夫です。」

しかも萌系の声で。

それに引いてしまい、終点の駅まで誰もおばあちゃんに席を譲ることはなかった。

終点の駅について、乗っていた人たちが一斉に降りるときおばあちゃんが倒れた。

駅員が来て、少ししてから救急隊も到着した。

命に別状はなかったが脳貧血だったらしい。

ちゃんと座らせておけば良かったかも。

もしも命を落としてしまっていたらと思うとゾッとします。

お年寄りには親切にしましょう。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ