短編1
  • 表示切替
  • 使い方

恐怖のアパート

これは、実話で最近の出来事です。

それは、7月中旬の塾の帰り道での出来事でした。

僕は高校3年で、第1志望の大学に行くために、毎日のように塾に通っていました。

その日の塾は、いつになく勉強がはかどり、気が付くと22時をまわっていました。(塾は自習制だから時間は自由。)

すぐに、身仕度を済ますと、塾をでて電車に乗りました。

僕の家は少し田舎っぽいところにあって、近くに塾はありませんでした。

だから、塾へは隣り町まで電車に乗って行き来していました。

もちろん、自分家の近くに住んでる友達が、たまたま隣り町の同じ塾に行ってるなんていう偶然もなく、いつも一人きりで行き来していました。

だから、その日も塾からの帰り道、電車を降りて一人ぽつぽつと家まで歩いていました。

幼いころから、幽霊とかを信じていなかった僕も、このサイトの話を読んだりするようになってから、暗い夜道を一人で歩くことが怖くなっていました。

僕は、怖さを紛らわそうと、イヤホンを耳につけて音楽を聞きながら歩いていました。

いつもは電車を降りて歩いていると、帰り道が同じ方向の社会人ととかが2、3人はいるのですが、その日は人っ子一人いません。

普段見慣れたその道も、走って帰りたくなるほど恐ろしく見えます。

そんな気持ちを押さえて歩いていると、小さな古いアパートが見えてきました…

怖い話投稿:ホラーテラー おちいのちさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
23400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ