短編2
  • 表示切替
  • 使い方

4月21日。

リョースケは1番の「1」を。

ケンゴは形が好きだという「8」を。

テツジはその日の日付の「15」を。

ある男の問いに彼らはそう答えた。

汚らしい格好をしたその男は、彼らから聞いた数字を紙に書き写すと、

それをそれぞれの数字を言った者へと渡した。

男は一言。

真っ黒な笑みを浮かべながら、

「この紙の数字は忘れるな、一生で一番大きな意味を持つ数字だ」

これだけ言い残すと男は去っていった。

男の空気にのまれてしまっていた。

現にさっきの言葉が忘れられない。

1年後の、リョースケが死んだ。

目玉をえぐられ、鼻と耳を削がれ、口は引き裂かれ、首は身体と繋がっていなかった。

それから7年後、ケンゴが死んだ。

リョースケと同じ死に方だった。

ある日、雑踏の中、テツジはなぜか、8年前のあの男を思い出していた。

それと同時に自分の数字を思い出していた。

すべてが鮮明に頭の中に映し出されていた。

7年後、テツジも死んだ。

リョースケ、ケンゴと同じ死に方だった。

3人とも4月21日に死んだ。

テツジは死の前日に

「俺は明日死ぬ。あの男が見ている」

そう私に言い残した翌日に死んだ。

私の身体はもう数百年以上前から動いてくれない。

食べ物も、水すらも口にしていない。

どうして、どうやって私は生きているのだろうか。

ここはどこなのだろうか。

人にも、動物にも、植物にすら触れてない・・・いや、見てすらいない。

私の誕生日は11月29日。

私があの日答えた数字は「1129」

私はあと何年すれば死ぬのだろうか。

あの男は、まだ、来ない。

怖い話投稿:ホラーテラー msさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ