中編3
  • 表示切替
  • 使い方

初めてのかていか

7がつ5にち

きょう、はじめてかていかをならった。

ケンちゃんは「かていかはおんなのかもく!」といってせんせいにおこられた。

せんせいは「いまはだんしもさいほうやおりょうりができないといけないじだい」といった。

はじめてのじゅぎょうはおりょうりだった。

1ぱんはごはんをたいた。

2はんはおみそしるをつくった。

3ぱんはカレーをつくった。

ぼくは3ぱんです。

じゃがいもやにんじんをほうちょうできるときはドキドキした。

「てをきらないようにゆっくりね」とせんせいがいった。

じゃがいもやにんじんやたまねぎやおにくをゴトゴトにた。カレーのルーをいれた。

しばらくしたらカレーができた。

やさいやおにくをきるときはきんちょうしたけど、そのあとはかんたんだった。

がっこうのかえりにびょういんにいった。

ママにカレーをつくったといったら、にっこりわらった。

ママがいえにいなくてさびしいといったら、もうすぐいえにかえれるといった。うれしかった。

「そのときはいもうともいっしょよ」といった。

いもうとは、ともよというなまえだ。

ママはともよをうんだので、びょういんにいる。

「ともよもカレーをたべるかな」ときいた。

もうちょっとおおきくなったらたべるとママはいった。

おおきくなったら、ともよにいっぱいカレーをつくってあげようとおもった。

7がつ8にち

ママとともよがいえにかえってきた。パパはにこにこしている。

ぼくはママとパパにカレーをつくってあげようとおもってそういった。

「いいから、おとなしくしていなさい」

パパがそういって、なにもさせてくれなかった。

ママにあそんでもらおうとおもった。

でも、ママはずっとともよとあそんでいる。

7がつ10にち

きょういえに、しんすけおじさんとかおりおばさんとおじいちゃんとおばあちゃんがきた。

おしょうがつみたいでうれしかった。

しんすけおじさんとあそんでもらおうとおもった。

だけどあそんでくれなかった。

かおりおばさんにほんをよんでもらおうとおもった。

だけどよんでもらえなかった。

おじいちゃんとおばあちゃんもあそんでくれなかった。

みんなともよとあそんでいる。

「おへやにかえっておとなしくあそんでいなさい」

みんなにそういわれた。

7がつ12にち

こんどのにちようびに、またおじさんやおばさんやおじいちゃんやおばあちゃんがくる。

みんなともよとあそびにくる。

ぼくとあそんでくれない。

「たべちゃいたいくらいかわいいって」

ママはともよをだっこしていった。

パパも「そのとおりだよ」といった。

「よかったねともよ」とママはいった。

7がつ18にち

はやおきしてカレーをつくった。

やさいはじょうずにきれた。

おにくはむずかしかった。

やわらかくてプニャプニャしてて、ちがいっぱいでた。

「ともよー!ともよー!」

ママがともよをさがしてる。

もうすぐみんながくる。

カレーがぐつぐつにえている。

「ともよー!ともよー!」

たべちゃいたいぐらいかわいいともよ。

怖い話投稿:ホラーテラー コジコジさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2101
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

カレーの具材に((((;゚Д゚)))))))