短編2
  • 表示切替
  • 使い方

山中の駐車場

私と友達Aの実体験です

時期は冬場

その日Aは私含めた

仲間達と仲間の一人の家に

集まりバカな事をして

盛り上がってました

楽しい時間が過ぎ行き

夜も更け私とAは次の日

仕事があったので

Aの車で共に

帰る事にしました

そのまま帰れば

良かったのですが

車内で話が盛り上がり

よく行く山中の駐車場に

車を停め話していました

他愛のない話を

していた時です

外から話し声が

聞こえて来ました

窓を締めていたので

話の内容は分かりませんが

少女の様な声でした

「こんな時間にこんな場所で子供…?」

Aと私は不審に思い

寒気がしました…

冬の深夜山中の駐車場…

車は私達以外ありません…

更に声と何者かの気配が

左右から車に近付いて来ます

この時車内なのに

会話が聞こえました…

声①「ほら…早くしないと行っちゃうよ…」

声②「うん…そうだね…早く行こう…」

Aも聞こえたらしく

表情が硬直していました

迫る気配に恐怖が

最高潮に達して

急いで車を発進させました

(偶然エンジン付けておいてほんと

良かったです)

駐車場を出て行く時

Aが短く悲鳴をあげました

バックミラーに白い服を着た

長髪と三つ編みの女の子が

映っており

こちらを睨みながら

迫って来ていたそうです

その後出来る限りの

スピードを上げながら

山を下りなんとか

逃げ切れましたが

一体あの少女達は

何だったのでしょうか…

後日談になりますが

体験した翌日Aが

車を見たらガラスや

ボンネットに小さな手形や足形が

たくさん付いていて

ドアノブには引っ掻いた跡が

あったそうです…

あの山には二度と

行きたくありません

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ