短編2
  • 表示切替
  • 使い方

カタリ、コトリ

この話は、今年の2月の出来事です。

僕と(Aとします)友達のBくんでA町の、町民グランドの砂場で、深夜2時ぐらいに起きた事です。

僕たち二人は深夜だから、誰もいないだろうと、ワイワイ騒いでいました。

町民グランドに着く前に、警察に見つかったせいか(僕たちは十代)少し、警戒していました。

町民グランドの作りは四角になっていて、入り口は3つ有ります。

一つは、左下(上から見た場合です)。

二つ目は上のど真ん中。

三つ目が右下。

僕たちは右下からすぐの砂場で遊んでいました。

「パンッパンッ」ッ手を叩いていました。

しだいにエスカレートしそれを十分ほど続けていました。

すると、上のど真ん中の入り口付近に自販機が有ります。

その付近から「カタリ、コトリ」と、おとが聞こえてきました。

最初は入り口と重なって姿も見えず、拍手と重なってあまり聞こえなく、あまり、気にしては、いませんでした。

だが、その約一分後……その音の発信源も動いていたようで、ついに入り口との重なりも無くなり、ついに姿を現しました。

その正体は…白い長いスカートをはいた髪の長い女だった。

道を歩く人は何人かいた。

だが、その女の歩くペースが明らかに違う。

三秒に一歩のペースで歩いているのである。

明らかにおかしい。

友達のBはそれにきずかず手を叩いた。

「パンッパンッ。

」。

その瞬間、女は歩くのを止めた。

「カタリ、コトッ…」女はあたりをみわたした。

その後、女は、10秒停止した。

その10秒後、……完全にこちらを向いた。

女とAの距離は50mはあった。

だが、AとBにはその女の姿がくっきりとみえた。

目は充血し、よだれをたらし、こちらをにらむような目付きであった。

その五秒後……「カタコトカタコト」こちらの方に向かってきた。

三秒に一歩のペースとは明らかに違うペースであった。

一般人で走ってやっとのスピードであった。

僕たちA、Bは急いで走り、近くの公園に逃げ込んだ。

だが走っている途中もハッキリと足音は聞こえる。

Aと、Bの間では、その謎の物体は警察と言うことで終わっている。

それは本当に警察だったのか。

そしてもし、その場所で足がすくんでいれば、どうなっていたのであろうか…

怖い話投稿:ホラーテラー 無さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ