短編1
  • 表示切替
  • 使い方

メール 都市伝説

不幸のメールとは

幼稚な文書で相手を不安にさせるメールのこと。

これは、僕の友達の友達が聞いた話です。

僕が中一になって、初めてケータイをかってもらいました。当時流行りのキッズケータイです。僕は、ケータイをもらうとき、色んな取り決めをしました。

その一つに、迷惑メール予防ソフトを使用することがありました。これは知っての通り、チェーンメールなどの被害をなくすソフトです。僕は安心しました。

七月、夏真っ盛りのとき、そのメールは来ました。

「不幸のメール」

そう記されたメールには「十日以内に三人の人にメールを送れ」とだけ書いてありました。僕は、フィルターを通過したこのメールに興味を持ち、お前は誰だと、メールを返しました。

「私は、死神」

その素っ気ない返事に対し、お前いかれてるだろと思いつつ、そのメールを見なかったことにして「削除しました」という画面のケータイを折り畳んでしまい、学習塾に急ぎました。

十日後、その友達は消息を絶ちました。

              

あなたがもし、不幸の手紙を受信したなら、

対応と、あなたの命は、あなたにお任せします。

怖い話投稿:ホラーテラー にっしぃさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ