短編1
  • 表示切替
  • 使い方

引越し

 

 今から2年前、私は1人暮らしをするためにアパートに引越しすることとなりました。

 引越しも無事終えて、初めてそのアパートで寝る日の事です。

 

 小雨の降る、日付も変わろうかという夜11時半過ぎに

 「ピンポーーン・・」

 と家のチャイムが鳴ったんです。

 こんな夜遅くに誰だろうと思い、玄関の覗き窓から外を見てみました。

 外には誰もいませんでした。

 気味が悪いなぁと思い、

部屋に戻ると

 リビングの椅子のところに

髪の長い少女が、ずぶ濡れで立っていたんです。

 私は硬直状態になり、その女の子を見ていると、

「   デテイケ・・・・、     出て行けーーーー!!!  」

と、鬼の形相の如く、低く、しかも図太い声で叫び、

スゥー・・と消えていきました。

 その日の夜は実家に戻り、次の日にはそのアパートを出ました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ