短編2
  • 表示切替
  • 使い方

血を吸う者(続)

続きです。

結局何も無かったので帰りましたが、やはり昨日の事が頭から離れません。

すると友達から着信がありました。

仮にAとします。

A「やっぱり昨日のこと気になるし夜行かへん?もう1人連れ呼ぶし!」

俺も怖かったですが3人いたら、まあ大丈夫だろうと思い行くことにしました。

その夜…

A「ここだよな?昨日そいつが出た場所」

俺「おお…今日も出るかな…?」

B「見つけたら写真撮ろうぜ!面白そうやん」

俺「馬鹿!んな事して狙われたらどうすんだ!」

A「大丈夫だよ、こっちはバット持ってるだぜ(笑)」

そうこう話していると、あの声が…キュエ…キュエ…

俺「来た!やっぱり帰ろうぜ」

B「何言ってんだよ、見つけたらボコボコにしてやるぜ」

A「お、おい!いたぞ!」

俺、B「うお!!」

いました。

アイツです。

キュエ…キュエ…ジュルジュル…

俺はその時確信しました。

コイツ血吸ってんだ!

その光景にAもBも硬直しています。

恐怖のあまりBが手に持っていたバットを落としました。

カランカラン…

その瞬間こっちに気付いた!

もの凄いスピードでこっちに向かってきます!

3人とも泣きながら逃げました。

気がつくとAの家の前に着いてました。

その日俺とBは、Aの家に泊めてもらいました。

その日以降ソイツは現れませんでした。

あの生き物は一体何なんでしょうか?

知っている方いたら教えて下さい。

ありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ