短編2
  • 表示切替
  • 使い方

男の夢

去年の夏の出来事です。

当時付き合ってた彼とデートの為、家の近くの公園で待ち合わせする事になりました。

時間になってもなかなか彼がやって来ないので、公園のベンチに座って携帯をいじりながら待ってました。

すると突然、

「だ~れだ?」

と後ろから手で目隠しされました。

彼のいたずらかと思い振り返ったら眼鏡をかけた若い男の人でした。(えっ!?誰この人..)と思ってたら、その男は私の座っているベンチの周りをグルグル歩き始めました。

「僕ね、彼女欲しいんだ。でも彼女がずっと出来ない。どうしてかな~!!!!僕のどこがいけないの!?」

と聞いてきたので、怖っ!!と思いその場から離れようとしました。

そしたらその男は私の腕を掴んで顔を近付けてきて、

「僕夢が出来た!!将来の夢!!すごいよ君と結婚するんだ。そしたら彼女どころか妻が出来ちゃうね!夫婦になるんだ!!!!すごいだろ?」

と目を見開いて口からよだれたらしながら笑って言いました。

私はパニックになりながらも、「彼氏がいるので無理です」と断った。

そしたらちょうどそこに私の彼がやってきて「おまえ何してんだよ!?離れろ!!」とその男を怒鳴り、彼は私の手を取って、止めてある車まで一緒に走りました。

走りながら振り返ってみたらその男はフーフー深呼吸してその後、

「その男かぁぁ~!!!!そいつがいなくなったら僕たちは一緒になれるんだろぉぉ~!?僕の夢が叶うぞぉ~待てぇぇぇ~!!!」

と言いながら追いかけてきました。

手には包丁を持って..

なんとか車に逃げ込みすぐに車を発進させて逃げたけど、その後も後ろから追ってくる。

車に勝てるはずもなくその男からは逃げ切れたけど、まさか包丁を隠し持ってたなんて。

しかも見知らぬ人だし、幽霊も怖いけど狂った人間はもっと怖いと思った..

後日談。

仕事の帰り地元の駅のコンビニに寄った時飲み物をレジまで持ってく途中、男の人がすれ違いざまに

「また会ったね。運命だね。」

と言って走り去った。

ドキッとして逃げた男を見たらこの前の包丁男だった..

それからはその男とは会ってませんがそれ以来一人で外を出歩くのが怖くなりました。

怖い話投稿:ホラーテラー 杏さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ