中編2
  • 表示切替
  • 使い方

Aさんはネット通販にハマッている。

もちろん夫には内緒。

会社に行っている間なんかにこっそり注文する。

こんな事が知れたらヘソクリだって隠していたことがバレてしまうし、叱られるのが怖い。

それでもAさんはネット通販にこった。

何故なら届く日にちも時間も指定できてしまうし、大きなトラブルがない限りバレるはずがない。

ネット通販は便利すぎた。

そんなある日、Aさんは「枕」を探していた。

何年も使い続けていたショッピングセンターで買った安物の枕が自分には合わなくなって来たので、ここ最近あまり寝付けないでいた。

なのでAさんは新しい少し高めの枕を自分専用に買おうと思っていた。

しかし、探せば探す程いい枕が見つかり、籾殻入りの枕やいびきを簡単に防いでしまう枕、価格も普通に売っているような安いものではなく、3万円もする枕もあったりと流石に手が出せなかった。

ところが、一時間程探し続けていると一件だけとても気になるサイトがあった。

そのサイトはどうやら個人で経営している枕専門店のようで枕の写真と一緒に「最高の睡眠をあなたにも!」という宣伝文句が添えてあった。

価格も8800円と枕にしては少し高いかなと悩んだが、何より「最高の睡眠をあなたにも!」という宣伝文句に吊られて購入することを決意した。

6日後、枕が届いた。海外からの発注だったため別途に送料1500円とられてしまった。

Aさんは「海外発注なんて事書いてなかったし最悪」と少し腹を立てたが、その枕は籾殻やいびき予防などはなかったが、予想以上に自分の頭にフィットしそうな感じとシンプルさに引かれ、1500円なんて大したことないと思わせるくらいだった。

(早く夜が来るのが待ち遠しい・・・)とAさんは思った。

その夜、Aさんはいつもより早く寝室に行き今日買った枕を試そうと、布団を敷き枕を置き「いざ就寝!」といわんばかりに顔を枕に埋めた。

瞬間、「ぶすっ!」と枕の破れる音がした。不思議に思ったAさんが枕を確認すると・・・

自分の顔の横から釘が飛び出していた。

それもあと3cmでもずれていれば確実に顔に刺さっていたという距離。

「こんな不良品売りつけやがって・・・」

Aさんは釘が飛び出してきた恐怖と不良品を売りつけられた事に腹が立ち、急いで商品を返品して抗議しようとパソコンにむかい枕を買ったサイトにアクセスした。

すると6日前に見た枕屋のサイトとは違い、真っ黒な背景に赤字でこう書いてあった。

    『ヨクネムレタ?』

怖い話投稿:ホラーテラー 涼鬼さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
36200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ