コインロッカー (とある倉庫にて)

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

コインロッカー (とある倉庫にて)

日本中のいたるところにあるコインロッカー…

実際、中に何が入っているかなんて分からない。

時にはとんでもないものが入っているかもしれない…

これは、日本がベビーブームに沸いていた頃(1990年代頃の出来事。

ある日の深夜。

とある駅内にあるコインロッカーに赤ちゃんを背負った女性(A子)が来た。

女性はロッカーを開けるなり、すぐさま産まれて間もないその赤ちゃんをロッカーに入れ、鍵をかけるとその場を立ち去った…

恵んでもいない子(いらない子)を産んでしまった女性はその赤ちゃんを捨ててしまった。

それから何年かたったある日の夜。

その女性は仕事の出張関係で赤ちゃんを捨てたコインロッカーがある駅に来た。

どうやら当時のコインロッカーは駅の地下にある倉庫らしき所に移動され、放置されているらしい。

現在は電子的でキレイなコインロッカーに変わっていた。

『あのコインロッカーはもう使われていないんだ…』

女性は安心とその反面、自分の子を捨ててしまった後悔や悲しみがこみ上げてきた。

そんな事を考えていると女性の目の先に10歳ぐらいの女の子がしゃがみ込んで泣いていた。

周りにはたくさんの人々がいるが、みんなその泣いている女の子を無視して素通りしていく…

『あんなに泣いているのに…みんなは泣いている事に気づかないのかな?』

女性はその女の子に声をかけた。

「どうしたのかなぁ? 迷子? お父さんは?」

女性が女の子にそう問いかけると女の子は首を横に振った。

「…んじゃお母さんは?」

女性が聞いた。

すると女の子は無言で走り出した。

「ちょっ、ちょっと!?」

女性は女の子を追いかけた。階段を下り、狭い通路などをいくつか通っていった。気が付くとそこは人気のない薄暗く、かび臭い大きな倉庫だった。 手入れなどは全くされてはいないような所で、倉庫には昔の木製ベンチなどが置いてあった。

女性は倉庫にたたずんでいる女の子に聞いた。

「なんでこんな所に来たの? 明るい所行こう。お母さんとかは?」

そう聞くと、女の子は女性を恐ろしい目で女性を睨みつけ、口を開いた…

「オマエダ!」「コロシテヤル!」

手には包丁を持っていた…

コインロッカー…それは時に想像を絶する物が入っているかもしれない…

怖い話投稿:ホラーテラー ベガさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
25700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ