労をねぎらわれた?の親父の話

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

労をねぎらわれた?の親父の話

労をねぎらわれた? で親父の霊体験を書いたものです。

今日は全く霊とか、不思議とか関係なく親父の

ある意味恐ろしい能力にまつわる逸話を一つ。

前も書きましたが、親父はガテン系です。

工場でモノを作って、現場で組上げるってことを仕事にしてます。

長男だった俺は子供の頃から仕事を手伝ってました。

多分まだ小学校中学年くらいの頃だったと思います。

季節は6月~7月くらいの初夏でした。

その日も、親父の現場に手伝いに行くことになり、朝早くに家を出ました。

親父の運転する助手席に座って、やっと少し明るくなったくらいの薄暗い道を

ヘッドライトの微灯をつけて走ってました

田んぼ沿いの道を走っていると親父が急に車を止めて降りて行き、

後ろに戻って田んぼのそばにしゃがんだ。

戻ってくると「ほれっ!」って。

差し出された手には黒っぽい“カミキリムシ”。

見つけられるようなものでもないんだけどな~。

見えちゃうものは仕方ないか。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ