短編2
  • 表示切替
  • 使い方

堀の中の恋愛物語

この話は、実話です。

怖くはありませんが、有る意味凄い話なので興味が有りましたらご観覧ください。

とある刑務所で孤独な生活を送っていた囚人Aさんがいた。

Aさんは、刑200年一生出れない身、当初は我慢出来たが、時が経つに連れて、耐え切れなくなり、苦し紛れに壁を叩いた。

しばらくして、壁の向こう側から叩くような音がした。

Aさんは、気のせいと思った。

何故なら、Aさんがいる部屋は、一番奥の部屋で隣りに人は、いないはず、いたとしても、壁は厚さ20cmのコンクリート製音など響くはずは無いと思ったからだ。

だが次の日、ある事を知る。

Aさんがいる部屋の隣りが、女囚人の部屋である事を知った。

それをしったAさんは、部屋の壁を叩いた。

しばらくして返事が返って来た。

Aさんは壁を叩き隣りの刑30年のBさんとの秘密の会話を楽しんだ。

しばらくしてAさんは壁を叩くだけでは物足りず、何処からか、持って来た鉄の棒で、直径10cmの穴を開けて、互いを見つめ有ったり、穴に腕を通し、軽いボディータッチをした。

その秘密の関係は、エスカレートしたため、半年で終わった。

Bさんが妊娠してしまったからだ。

二人の関係がバレて、Bさんは、刑20年を足され刑50年に、その後、刑務所内で子供を出産。

Aさんは刑50年が、足され刑250年に、そして部屋を移され、二度とBさんと、その子供に、会う事ができないまま、孤独な生活を送っている。

下手な文書にお付き合いありがとうございます。

怖い話投稿:ホラーテラー 寺田光男さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
26100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ