短編2
  • 表示切替
  • 使い方

XXX.JPg (コピペ)

ある日、俺は仕事の為にパソコンをひらいた。

するとデスクトップに

『XXX.JPg』

と、見覚えの無いファイルがあった。

何だろうと思って開くと、そこには見覚えのある写真があった。

これは綺麗な夕焼けを映した写真で、見た目は綺麗だが、撮影者の影が写っていて、そこまで上手い写真じゃ無かった。

『ふーん』と思いながらその日は写真を削除した。

それから暫くしてまたパソコンをひらいてみると、削除したはずの、

『XXX.JPg』

がデスクトップにあった。

少し不思議に思いながらも、その日は写真を、ゴミ箱にいれた。

そしてまたパソコンをひらいた。

するとそこには、ゴミ箱にいれたはずの、『XXX.JPg』がまたデスクトップにあった。

『あれ?』と思ってると、あることに気が付いた。

『夕焼けってことは、太陽はあっちにあるはず!』するとあるものが目に入った。

『…もしかしてこれ(手)?』

そこには子どもの手が写っていた。確かにさっきまで手は写って無かった。

俺は急いでパソコンを消した。

でも、仕事があるから、どうしてもパソコンをつけなければならなかった。

『もう絶対あのファイルをひらくもんか!』

そう思いパソコンをひらいたら、いきなりその写真が出て来た。何も操作して無いのに。

そしてあるものを見てしまった。なんと手が上下に動いていたのだ。

いくらマウスを動かそうとしても反応しない。

俺は急いでパソコンを強制終了をした。

そしてパソコンを買い替え、古い方を捨てた。

後日、俺と友達は夕焼けの見える場所に遊びに行った。写真の風景ににたような場所だった。

その帰り、俺達は事故を起こした。幸い死にはしなかったが、大怪我をした。

あの写真は何かの呪いなのか、それとも警告だったのかは今でも謎である。

怖い話投稿:ホラーテラー 初コメハンターさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ