短編1
  • 表示切替
  • 使い方

深夜の病室

あれは私が救急病院に入院していた時の話しです。

事故で救急でICUに入る事になった

月日が経ち意識回復した私は大部屋に移る事が決まった。大部屋に移るのは1週間後…それまで個室に移る事になった。

夜…トイレに行こうと思いベッドを離れようとした時『こつ…こつ…』誰かが自分の部屋と近づく…《看護師さんが見回りか…》部屋のドアを開けた。誰もいない。

気のせいかとトイレへ行った。トイレから戻りまた部屋に戻る。

また足音『こつ…こつ…』自分の部屋の前で止まる。時刻は深夜2時。怖くなり目を閉じた。

朝になり昨夜の事を看護師の人に聞いた。誰も知らないと言う。

そんな日が続き大部屋へと移動になった。隣は中年女性。お節介でよく話す。

足音の事が気になって仕方がない。隣の女性に聞いた。

個室の隣はICU…亡くなった霊がさ迷っている。と言う。

怖い話投稿:ホラーテラー 楓さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ