短編2
  • 表示切替
  • 使い方

虚ろな記憶

「こいつが犯人よ」

目の前の女は一枚の写真と

ナイフを渡してきた

「これはあなたの復讐よ」

わたしは立ち去る女の後ろ姿を眺めて、写真へ目を落とす

整った顔立ち

栗色の短い髪

焼けた肌

今時の若者のようだ

写真の下には

「こいつがあなたの恋人を殺した」

と書かれてたメモと

相手の住所が書かれていた

どうやら近くに住んでいるらしい

わたしはフラフラと歩きだした

なんだか頭が重い

早くこの男を始末して

家で休みたい

ピンポーン

写真の男が笑顔で玄関を開けた

こいつが

私の恋人を...

ユルサナイ..

沸々と怒りが立ち込め

わたしはナイフを男の胸に突き刺した

男は酷く悲しそうな顔をして

涙を流していた

「ど うして... 」

わたしは絶命した男を見下ろし、フラフラと家の中に入った..

ソファーに腰を下ろし

周囲を眺めると、一枚の写真が目に付いた

そこには先ほどの男と見知らぬ女が仲良く映っていた

人の恋人を殺しておいて

なんて男だ

わたしは血の付いたナイフを洗うため、洗面台に向かった

途中の鏡に

血のついたナイフを握りしめた

写真の女が映った

「どう?うまくいった?」

「ええ...事故を起こしてから

最近の記憶を忘れてしまうみたいだからね..

まったく

あの子、人の彼氏を奪うなんて許せないわ。

まぁ、

無理心中ってことで片づいたみたいよ」

「そっか」

「いい気味よ」

街中に女の高笑いが響いた

怖い話投稿:ホラーテラー ☆さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ