短編1
  • 表示切替
  • 使い方

歩道橋の女

追っかけられていた

女は嬉しそうだった

巫女家計最強のA

(『牛と死神』参照)

『自分が気付くよりアッチの方が早かったんです』

歩道橋を渡っていた

女は柵の上に立っていた

『突然、現れたんスヨ。気付いた時は見下ろされていました』

『突然現れるパターンは無かったんで一瞬で狙い撃ちだと理解しました』

『女(霊)は粘着するんで苦手なんですよ』

危機を感じ走って逃げるA

追ってくる女

『家は女家系ですから家までは入って来なかったですね』

毎度

歩道橋周辺で現れる女

その度 家まで追われる

理由は分からない

そんな日々

徐々に慣れた

いつしか女は現れなくなった

『しばらく経って近所に飯屋がオープンしたんです。で、彼女連れて食べに行ったんですよ』

『居たんですよ。その店に。歩道橋の女が…』

Aと同じ歳くらいのウェイターに女は憑いていた

女は嬉しそうな顔をしてた

『もう、その店には行ってないですけど。

ぶっちゃけあのウェイターは死ぬと思います』

怖い話投稿:ホラーテラー 悪魔とダンスさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ