短編2
  • 表示切替
  • 使い方

金縛り

昔、いわゆる思春期のころ、頻繁に霊体験(だと当時信じていた)に遭いました。

怖くないかもしれませんが、

いくつか思い出したので投稿してみます

よく遊びに行っていた知り合いの人の家の猫は死んだときの事です。

猫が死んだと電話をもらったときも不思議な話があって、

その人が帰宅して家のドアを開けると「ニャーン」といつものように声だけがしたそうです。

猫は老衰で、香箱座りのまま死後硬直していたのに・・・

その晩、寝ていると金縛りに遭いました。

布団の周りを何かが回っているな、と思うと、

するり!と何かが布団にもぐりこんできたのです。

そして私の顔の辺りに何度か体?をこすり付けて、

ふ と金縛りが解けるのと同時に消えました。

あの猫が挨拶に来てくれたんだと思いました。

もう1つは、数日続いてちょっとしつこかった金縛りのときです。

目を開けてみると、顔の崩れた(落ち武者風)女の子(なぜかそう思った)が胸の上に乗っかっていました。

恨めしそうに私を見ていましたが、

毎晩安眠を邪魔されてキレ気味だった私は、

動かないはずの腕を伸ばして、その子のほほを叩いたのです。

女の子はびっくりしていました。

感触は実際の手で何かをぶった感じとは違って、

実感の薄いものでしたが、

1発ぶっても除けないので、「いいかげんにしてよ!」と怒鳴りながら往復ビンタをしたのです。

女の子は「信じられない、ふえ~ん」とまるで泣いているような顔で消えてゆきました。

その後その女の子には会っていません。

怖い話投稿:ホラーテラー うみさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ