短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ノ ー ト

三回目!

ある日学校で、友達が俺のノートで会話してた。

内容↓

友達A「俺今日ヒマだからさ遊ばない?」

友達B「またなの?一昨日も遊んだでしょ!?」

友達A「え〜いいじゃんかよ」

友達B「あたしは今日忙しいの」

友達A「友達だろ?」

友達B「でも、忙しいの、ゴメンね。今度遊ぼうよ」

友達A「今度かぁ……日曜日はどう?」

友達B「六時半からならΟΚ」

友達A「すげぇ!朝早くから!?そんなに俺と……」

友達B「夜六時半からだよ!」

以上となっている。

なんで俺のノートに書いてんだろ?バカなのか?

まぁいいや。帰ろう。もう遅いしな。

帰ってきた………何かおかしい!

俺は霊感とか無いけどこの家に何かいる!

家には俺しかいないはず!

怖くなった俺は部屋に入った。

この行動は間違いだった。

この部屋のクローゼットに誰かいる。

クローゼットの中から息づかいがかすかに聞こえる。

そして俺は足を捕まれた。

ベットの下から手が……

そしてクローゼットから誰か出てきた。

思いっきり殴られた。

俺は倒れ込んだ。

その時ベットの下を見てしまった。

俺は見てはいけない者を見てしまった。

クローゼットから出てきた奴にもう一発殴られ俺は死んでしまった。

畜生………おまえら。

怖い話投稿:ホラーテラー ハクレイのアレさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ