短編1
  • 表示切替
  • 使い方

狐が怖い

俺は神社や寺には

行かない

行ったとしても

決して拝まない

『狐』が怖いのだ

物心ついた頃から

狐は怖いモノ

狐は悪いモノと

親に何度も言われてた

決して神社や寺には

狐がいるから

決して行くな!

最悪 言っても

決して拝むな!と

理由は未だ分からない

おかげで大人になっても

狐が怖い

神社や寺が怖い

初詣なんか

行ったコトもない

今でも覚えてる

決定的な出来事がある

小学校に上がる前

近所をオカンと歩いてた

薄い水色のボロボロの

ワンピース

髪はガビガビ

顔は痩せこけ

本当に狐のような顔

おそらく30歳過ぎあたりの

おばさん

四足歩行で移動

(四つん這い)

ゴミ捨て場の

油を舐めてた

集まる近所の人

おばさんは

しばらく油を舐めた後

振り向き

『コンッ』

と小さく鳴き

四足歩行で移動

俺は衝撃でオカンに

しがみついた

オカンは冷静な顔で

『狐は怖いモノなの』

怖い話投稿:ホラーテラー 悪魔とダンスさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ