短編1
  • 表示切替
  • 使い方

凶悪なモノ

おばさんは

自称 見える人

親切心から

悪いモノが憑いてる人には

通りすがりの人にも

声をかけた

もちろん

誰も信じない

キチ○イ扱いされる

ある日 帰宅途中

ゆっくりと走る

自転車とすれ違った

運転してるのは

同じ歳くらいのおばさん

過去に見たコトがない程

凶悪なモノ

自転車のカゴに

女の生首

ソレが運転してる

おばさんを睨んでいる

コレはヤバい…

しかし言っても

信じてもらえないだろう

狂人扱いされる…

…いや、あの人

命を落とすかもしれない

意を決して

声をかける

『あの…すいません…』

自転車が止まり

振り返るおばさん

『あのですね…』

自転車のおばさんは

無表情に

言葉を打ち切るように

『分かってますから…』

怖い話投稿:ホラーテラー 悪魔とダンスさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ