短編2
  • 表示切替
  • 使い方

義父

初めての子供を旦那の実家で産むことになった。

旦那の実家は九州のK県だ。

私は初めての出産だし地元のC県で産みたかったのだが、義母のどうしてもの一言で仕方なく行った。

無事に男の子が産まれ退院し旦那の実家へ戻った。

2週間程お世話になる予定だった。

旦那は仕事のために先に地元へ戻った。

初孫を抱いて嬉しそうな義母を見ていると帰ってきて良かったな…と思った。

私達親子は仏間で寝ることになっていた。

「おじいちゃんにも顔を見せてあげて」

義母に言われ仏壇に息子を連れて行く。

義父は旦那が小さい頃に亡くなっている。

「お義父さん、無事に男の子が産まれました」

心の中でつぶやき手を合わせた。

実家に戻って初めての夜。

なんだか胸が苦しくて目が覚めた。

目を開けたと同時に天井の右隅へ何かがバッと飛んだ。

目をこらしてよく見るとそれは人だった。見覚えのある顔…。

朝、義母が起きてくるのを待って言った。

「昨日、お義父さんが来ましたよ。」

「えぇっ!?」

義母が驚き声をあげる。

次に聞かれた。

「…普通の姿だった?」

「えぇ。写真のとおりのお義父さんでした。」

「…本当に?…そう。あの人来たの…。」

私が見た義父は顔は写真のままの義父だった。

ただ体には蜘蛛のような手足がはえ、天井に逆さまに張り付き私達を見ていた。

そしてカサカサと歩き回って部屋を出て行った。

「そう…。あの人来たの…。戻って来たのね…。」

義母はしばらくそうつぶやき続けた後

「あなたも初めての出産で疲れたでしょう?もう自分の家へ帰ったほうがいいんじゃない?」

と言い私達は有無を言わさず自宅へ帰らされた。

その後義母からは一切連絡はない。たまに電話をしても元気でやっているから心配ない、と切られてしまう。

あの日見たのは確かに義父だったと思う。

ただ孫を見に来たというような温かい雰囲気ではなかった。

旦那には悪いけど正直二度とあそこには行きたくない。

長々と失礼しました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ