短編1
  • 表示切替
  • 使い方

…希望の方ですか?

女が深夜にコンビニへ行くため夜道を歩いていると、後ろから車がゆっくりとこっちへ近づいてきたという。車には男が一人乗っているだけだった。

男は女のすぐ近くに車を止め女に声をかけた。

「あのぉ…、……希望の方ですか?」

「え?なんですか?」

よく聞こえず、女は聞き返した。

「自殺を希望の方ですか?」

女はゾッとし、違いますと言ってその場から走り去ろうとした。しかし男は車で女を追い掛けてきた。走る女に横並びで走りながら話しかけた。

「一緒にどうですか?待ち合わせしたんですけど誰も来てくれなくて…練炭もちゃんと用意できてるんですよ」

女はただ黙って走り続けた。無視する女に、ゴンッと男は車を軽く衝突させた。女はその場にうずくまった。男はそれを見ながらニヤニヤして言った。

「なぁ…いいだろ?一緒に死のうや」

女は足元に落ちていた石を持つと男の顔面に投げつけた。

ガスッという音がし、男は額から流血していた。

「うへへへ…血…血ぃぃ」

流れる血を見て男は狂ったように笑い出した。

その隙に女は全力で走って逃げた。やっとのことでコンビニにたどり着くと、それを見た男は諦めたのかどこかへ走り去って行った。

数日後、近くの山林で男が自殺しているのが発見されたのを女は新聞で知った。

それ以来、女は深夜に外出をしなくなったという。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ