中編4
  • 表示切替
  • 使い方

電車内のあの席

私は学校へ電車で向かう。

そのとき、必ずある席だけは空席になっている。どんなに混んでいても、誰もその席には座らない。

――…

四年前。電車内で事件が起きたそうだ。刺し逃げ。

刺されたのは二十六歳の妊婦。お腹には赤子がいた。妊婦は男に刺され、亡くなった。そのときに、座っていた席があの席なのだ。

まだあの席には妊婦が座っている。そんな噂が流れている。

実際に座っている妊婦を見た人もいるそうだ。

帰宅途中。いつものように電車に乗った。あの席とはだいぶ遠い場所。

まわりの人たちの様子がおかしい。

なにがあったのか近くの人に聞いてみた。若い妊婦。二十代ぐらいの美人だった。

彼女はお腹に手を当ててるだけで、なにも答えてくれなかった。

「…ませんか?」

妊婦がなにかを訴えた。

振り返ってみると、妊婦はどこか淋しそうな顔をしている。

私に言ったのではない。席に座っている男性に言ったのだ。

「あの…席を譲ってもらえませんか?」

「はぁ?」

男性は相手が妊婦だということを知りながらも、席を譲ろうとしなかった。

苦しそうな顔をしている。

妊婦は、その隣りに座っている女性に言った。女性は素直に席を譲る。

お辞儀をする妊婦は、ゆっくりと席に腰をおろす。それを隣りで睨むように見ていた男性。

安心したように妊婦はお腹をさすっている。

そして駅につき、人がおりていっていたとき、悲鳴が聞こえた。

振り返ってみると、勢いよく男性が私とぶつかった。

席に座っていた妊婦の腹から大量の血液が流れる。辺りには赤い水溜まりができていた。

あまりの光景に唇が震える。

妊婦は腹をおさえながら、こちらを見ていた。助けを求めている。かすかに動いている唇。

私は逃げ出した。

――…

妊婦はどうなっただろう。

死んでしまった。それは大きくニュースになっていた。

あのとき、私が助ければ妊婦は助かっていたかもしれない。とんでもないことをした。

私は見殺しにしたのだ。

苦しみながら、またあの電車に乗った。

今日もあの席には誰も座っていなかった。昨日見たのは幻だろう。妊婦はもういない。私が見殺しにしてしまったから。

そんなことを考えながら、私は駅でおりる。

なんとなく振り返ってみると、あの席には妊婦の姿があった。

「あっ…!」

咄嗟に、私は電車に入ろうとした。だが、ドアは閉まってしまった。

そのまま電車は動きだす。

妊婦に謝りたい。妊婦はこちらを見ている。

今にも泣き出しそうな私を見ながら、妊婦は微笑んでいた。とても優しい目で…。

――…

妊婦のことが頭から離れないまま、私は電車に乗った。疲れがたまっている。早く寝よう。

あの席をなにげなく見てみると、そこには男性が座っていた。見たことある男性。

妊婦を…赤ちゃんを殺した犯人だ。

私は男性のほうに言った。

すぅーとなにかが体に入った。

「席、譲ってもらえませんか?」

「は?」

少し強い口調で言うと、男性は私を睨んだ。怖い。恐怖心が芽生えた。

私は隣りの女性に言った。

「譲ってもらえませんか?」

女性はにっこりとしながら譲ってくれた。隣りの男性が私を見ている。

駅についた。

まわりの人たちが駅におりる。そして男が私の腕をつかんだ瞬間、警察が男の腕をつかんだ。

助かった。

男はなんの抵抗もせず、黙って逮捕されたのだった。警察は前々から通報を受けていて、待ち伏せをしていたようだ。

ほっとした私は、いつの間にか一人になっていた。電車内には誰もいなかった。

「…ありがとう」

優しい声に思わず振り返る。

妊婦だ。にっこりとしながら私を見ていた。

お腹の膨らみがなかった。

「赤ちゃん…」

「死んじゃった」

「え…」

驚いた。この妊婦は死んでいなかった。本当に生きていたのだ。

淋しそうな顔をしなが妊婦は言う。

「赤ちゃんは私の命を守ってくれたの」

私の目に涙が浮かんだ。

妊婦は話を続ける。

「名前…まだ決めてなかったの。あなた名前は?」

「…咲季」

「咲季。すてきな名前ね。赤ちゃんの名前、それが相応しいかもしれないね」

どうゆうことだ。聞く間もなく、妊婦は電車をおりていった。

後を追いかけたが、彼女の姿はなかった。ただ、彼女が歩いていった方向をたどるように血が落ちていた。

――…

咲季。あなたに会いたかったな。

:/ JHARD

怖い話投稿:ホラーテラー JHARDさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4570
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ