短編1
  • 表示切替
  • 使い方

サンタさん

4歳の頃、サンタさんをみた。

クリスマスの夜ふと目が覚めて窓のあたりを見たら、大きな袋を持ったおじさん(そう見えた)が外から出て行くところだった。

部屋は2階。「サンタさんだぁ!」と思ったが口には出さなかった。妙に眠かった。

翌日プレゼントがあった。当然両親が用意したものだが、私はサンタさんが持ってきてくれたんだと信じていた。

「見た」という根拠があったので中学にあがるくらいまで、私はサンタを信じていた。

最近になってなんとなくそのことを思い出して、両親にいってみた。

母がポツリと言った。

「あの頃ね・・・へんなことがいっぱいあったの。お風呂に土の足跡がついてたり、ものがなくなったり。だから、お母さんはあんたが見たのはサンタさんじゃないと思う。あんたがその時声出さなくて、本当によかったと思ってるよ・・・」

そういえばあの袋は、サンタさんの持っている白い丸い袋じゃなく汚いずた袋のようなものだったきもする。

怖い話投稿:ホラーテラー 受験必勝5号さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ