短編1
  • 表示切替
  • 使い方

夜中

夜中の3時ごろ。

小説も読み終わりそろそろ寝よう思った時でした。

いきなり隣の母親の部屋から怒声が発せられ(出ていけ!とかなんとか)

何が起こったのかと母親の部屋に行くと、ゼェハァと息をつきながら母親が壁を睨んでいました。

私「どないしたん?」

母「人がしんどくて寝てるのを良いことに暴れまわってウザイから隣の家に押し込んどいた。」

母親の言ってる事をわかりやすく説明すると

体調が悪いため寝込んでいた母。

しかしそれを見た幽霊達はラップ音をだしたり物を落としたりとうるさかったそうです。最初は黙っていた母もあまりの騒音にブチギレて幽霊を隣人さんの家に無理矢理押し込んだとか(どうやってかは知りませんが)

普通なら隣人さん可哀想…となるのですが、その隣人はベランダに生ゴミを何年も放置してゴキブリやら小バエやらを大量発生させていたので何かあっても自業自得らしいです。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ