短編1
  • 表示切替
  • 使い方

穴を掘る男

(また、あの男、穴を掘ってる…)

私は、二階の窓からそっと覗いた。

(一体、何のための穴なのかしら…

ゴミを捨てる穴にしては、深すぎるし、大きすぎるわ…)

男は汗も気にせず、穴を掘り続ける。

穴の横には、セメントの袋が用意されていた。

たまに男は、こちらを見るの、

その時に見せる、あの恐ろしい顔…

私はこの頃夢を見るようになった。

あの穴の中へ入れられ上からセメントを流し込まれる夢を。

窓の外を見る、あの男がこっちを向いてる!

私は、サッと身を隠した…

作業員の男は、大声で現場監督に言った。

「監督ー!また出ました、例の白い女!。今俺見て、すぐ消えたんすよ。絶対あの空き家、おかしいですよ…」

現場監督は答えた、

「あそこなぁ、あの空き家は、ヤバいんだよなぁ、ちょっと前に若い夫婦が住んでたんだけどさ、奥さんがいきなり行方不明になってよ、しばらくして旦那もどこかに失踪しちゃって…

あの家の庭に、奥さんが埋まってたりしてな…。」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ