短編2
  • 表示切替
  • 使い方

冗談でしては…2

長くてすいません

女の子達から止めてと言われても止めないC

この時点で店の雰囲気が少しおかしかった

まず床:ギシ…ギシ…と鳴り始める。

今度は照明:(ダウンライトで明るさを調整出来るタイプ)

急にフッと消えフッと点く…

ここまで来るとシャレにならない俺も切れ気味に止めろと怒鳴る

CはBちゃんに抱きつかれ(この為に)

話を続けついに…

照明が突然消え…

床のベニヤ板がガタガタ(相当揺れた)

水道は水が全開。

トイレからは水が流れる。

これにはみんなパニック。

正直俺も半泣き状態でした…

店内は非常口の緑の照明(こんなの。)

が点いてたので若干薄く店内は見えました。

みんな恐怖で金縛り状態!

とスピーカーから…

(カラオケの)

大音量で赤ちゃんの泣き声

と…その瞬間何かが俺の手首を掴みました俺は…ギャーッッ

叫んだ瞬間全員が外までダッシュ。

俺も手を振り払い外に。

みんな居るか確認…

一人足りなくない?

Aが居ない!?

みんなパニックです。

女の子達は泣いてて話せない状態。

仕方なく男三人で店内へ。

全身鳥肌。

毛穴が開き冷汗。

心臓も初めてな速さでバクバクしてました。

でもAを残して帰れない。

ドアを開けると店内は床はガタ揺れ。

水も全開。

スピーカーからは何も聞こえなかった。

D君が一番。

俺が二番。

そしてCが三番の順に入った瞬間

またスピーカーから赤ちゃんの泣き声?

たぶん真似出来ない泣き声。

今だに思いだすと鳥肌が立つ

本当に怖い声

Cが真っ先に店の外に出ると鳴り止む。

Cはガタガタ震えて店に入れないと半泣き。

俺とD君二人で店内に入ると。

さっきと変わらないスピーカーからは声は無いが本当に怖い…

急いで店の奥に行くとAが倒れてました…

AAと起こす

と普通に寝てました

Aが起きた瞬間店内は静かになりました。

水道の水は全開で。

照明も暗いままでした。

A君が水を止め照明を明るくしてくれましたが他の五人は外で怯えてました。

Aは全員が自分をからかってんだと笑ってました。

結局今だにAはこの話を信じていません。

本当に霊の作り話や馬鹿にした話をするとシャレにならい事が起きますよ。

みなさんも気をつけて下さい。

怖い話投稿:ホラーテラー がくさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ