短編1
  • 表示切替
  • 使い方

口裂け女

選挙も押し迫った8月の夜、路地裏で、ある大物政治家の秘書が、土木建築業社長に、

厚い紙袋を渡していた。

「へへ、これで何とかお願いしますよ…」

そう秘書に言われると、社長は足早に立ち去って行った。

秘書も慌ただしげに立ち去ろうとすると、

秘書の前に女が一人立っていた。

大きなマスクを掛けた女だ。

秘書は驚いて、

「君、今の見てた?」そう尋ねた。

女は何も言わない…

秘書は、

「いいかい、今見たことは、口が裂けても、言ってはいけないよ。」

そう言って、数枚の紙幣を女に握らせた。

すると女が口を開いた、

「ワタシ…キレイ?…」

秘書は、

「ああキレイ、キレイ、それより今言ったこと忘れないでよ。」

「コレデモ?…。」

女はゆっくりとマスクを外した。

そこには、耳まで裂けた口があった…

秘書は、

「ああキレイ、キレイ、それより君、口が裂けてても今見たことは言ってはいけないよ。」

そう言うと忙しげに立ち去って行った。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ